アルコール依存症の親の影響を受けて育ったアダルトチルドレンとの接し方は?

アダルトチルドレンという言葉は、現在はアルコール依存症の親のいる家庭も含めて、様々な機能不全の家庭で育った人の事を指します。

しかし、元々はアルコール依存症の親を持つ人の事だけを指していました。

アルコール依存症とアダルトチルドレンの関係

アルコール依存症とアダルトチルドレンとの関係は密接で、親が依存症の場合には、子供も多くの確率で依存症になる傾向があるというデータもあります。アルコール依存症の方がいる家庭は、大変な労力をその患者さんに費やす事になります。

自分の意志ではアルコールを飲むことをやめられず、精神障害や睡眠障害に伴い、暴言を吐く、暴力をふるうなどとくに配偶者はその接し方や対処に苦労なさる事が多いようです。そのようなご家庭で育った子供は、育児どころではないですから、親に迷惑をかけたくないからと良い子を演じて感情を押し殺すようになり、大人になってからも、他人に心を開く事ができなくなるなどの傾向があります。

親と子供両方のケアが必要

親が依存症であるから子供もそうなるのではなく、さまざまな対人トラブルなどを自分で解消するための手段がわかりません。その結果、買い物やアルコール、過度に他人に依存してしまう事などが起きてしまうようです。

アルコール依存症がアダルトチルドレンである場合には、両方のケアが必要です。アルコールは人格や性格にまで影響が出ますから、どのように患者をお酒から遠ざけるか、治療に向かわせるかなど、配偶者など周囲の方は接し方に頭を悩ませます。医師と相談をしながら、専門外来でアルコール依存症の治療を受けて、必要があれば、精神科や心療内科での治療や投薬を開始しましょう。

周囲の無理解で悪化?

アルコール依存症もアダルトチルドレンも、「意志が弱いから病気になってしまう」「精神的に強くなれば治る」などと周囲の人の無理解によって、患者本人を余計に苦しめるケースもあります。

相談できる窓口は、医師やカウンセラーだけではなく、アルコール依存症の家族の会など自助団体も多く存在しますから、困った事があれば相談をし、接し方等のアドバイスを受けつつ治療を勧めていきましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ