アダルトチルドレンが疑心暗鬼になりやすい理由は?

疑心暗鬼ダブルバインドという言葉があります。例えば、「来い!」と命令をされたのに、来たら突き飛ばされる。父親からは「スポーツをしろ」、一方で母親からは「勉強をしろ!」などと、相反する命令を幼少期に親から受けるケースがあります。

このような二重の相反する命令を受ける事で子供は混乱し、子供は何も信じる事ができず疑心暗鬼になり、大人になってからも自分で決める事ができない、価値観が定まらないなどのアダルトチルドレン特有の問題を抱える事になります。

アダルトチルドレンの原因の種類は?

アダルトチルドレンの原因とされている機能不全の家庭には様々な種類があり、支配、条件付きの愛情、暴力暴言、存在の否定、無視などがあります。

他にも、両親の仲が悪い場合などに起こりがちな、ダブルバインドがあるので、子供さんを育てている方は注意が必要です。もし自分が疑心暗鬼の状態になってしまったら、自分はアダルトチルドレンなのでそのように考えてしまうクセがあるという事を自分で認識しましょう。

そして、必要があれば相手へ理解を求める、自分の考え方のクセが出ないように工夫するなどの対処をしましょう。疑心暗鬼のクセというのは社会生活において、とくに対人関係で亀裂を生みやすいようです。必要があればカウンセラーに相談をする、専門医のアドバイスをもらいながら、穏やかな気持ちで社会生活を送れるようにしたいですね。

親との物理的な距離で悪化するケースも

アダルトチルドレンの方は、親が高齢で介護が必要になり一緒に住むようになった、環境が変わり、親と同居しなくてはいけなくなったなど、親との距離が近くなる事で症状が悪化するケースもあります。どうしても精神的に辛いという場合には、できる事なら親から物理的に距離を取る事も回復のための一つの方法です。

「自分がいないと親は生きていけない…」と考えてしまうのも、アダルトチルドレンが親からの呪縛に縛られていて冷静な判断ができない場合もあります。
そのような場合には、カウンセラーなど第三者の意見を聞いて判断をする事をおすすめします。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ