アダルトチルドレンと虐待の関係

アダルトチルドレンが育った機能不全家庭には「虐待」が存在していたケースが非常に多いのです。「虐待」はほかの精神疾患の原因ともなりえます。

アダルトチルドレンを生み出す「虐待」にはどんな種類があるのか、そしてその虐待が見過ごされる要因は何かということについてお話します。

肉体的・性的虐待

肉体的虐待は、子供を殴る蹴るなどの暴力、性的虐待は子供にわいせつな行為を強要し、近親相姦等を行うことを指します。

これらの虐待は「児童虐待防止法(正式名称:児童虐待の防止等に関する法律、平成12年)」によって厳しく罰することが出来るようになりました。しかし、虐待として認定するためには、その虐待は、「繰り返し、何度も」「子供が抵抗できないくらい一方的に」といった条件を満たしていなければならないので、程度の線引きが非常に難しいと言われています。

なぜなら子供の養育者は、それらの行為を虐待ではなく、しつけだと主張する場合が多いからです。また、身体に残った怪我を巧妙に隠させる養育者も居ます。

そして、周りの人間が虐待を見て見ぬ振りをすることも虐待を助長している行為だと言えます。人間関係が希薄化した社会では、他人の家庭の問題に巻き込まれることを非常に嫌う傾向が強くなってしまったのです。

精神的虐待

子供に成人になっても消えない大きな心の傷を残すのは、肉体的・性的虐待だけではありません。精神的(心理的)虐待も今問題になっています。

精神的虐待とは、暴言や罵倒、嘲笑するような言葉、恫喝、拒否や無視といった行為を子供に行うことを言います。

精神的虐待が厄介な理由は、可視化できない=目に見えないことです。精神的虐待は子供の心に傷を残しますが、その傷を他人が見ることが出来ません。そのため見過ごされることが多いのです。

精神的虐待が行われたことに気づくのは、その子供がなんらかの問題行動や、精神疾患を患ってからという場合が多いのです。精神的虐待は現在、大人同士でも行われることがあり、一般に「モラルハラスメント」と言われています。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ