機能不全家族で育ったアダルトチルドレンの心の問題を克服するには?

自分が生きていきにくいと感じたことはありませんか。他の家庭の幸せな話を聞くと自分の家庭はなんでどうしようもなく壊れているんだろうと嫌な気持ちになりませんか。

自分でも過去に捕らわれすぎて嫌になることがあります。現在が不幸でもないけど、過去に対しては自分でももやもやとしてしまいます。

色んな世界があるのを受け入れる

機能不全な家族のことを考えると嫌な気分になることが多いでしょう。自分でも両親とは一緒にもう住んでいないのに、思い出すと苦虫を噛んだような気分になります。

逃げていくことも大事です。しかし、親や兄弟や仕事関係や友達や恋人でも付き合いが続くなら、過去を自分で乗り越えて苦しいけど前に進んでいくしかありません。

親に復讐することもできませんし、あえて言えば、幸せになることがその恨みへの最大の復讐になります。親との人間関係もあまりよくなかったし、いいロールモデルがないまま社会にでると、自分の無防備さや無知で嫌なことにあうこともあります。

でも、それも勉強と思ってここでこれを失敗したから、次はこうしていこうと自分で人間関係をよくすることを考えて行動していくことが大事です。

社会ではグレーな部分もある

社会にでていくと白と黒とはっきり分かる世界でなく、グレーもあるし、まあ曖昧にとなる時に人間関係の機敏が分かる人は、さっと空気を読むのが大事です。その空気を読んだりする能力があまりうまくない気がします。後から思えばと後悔する日々があります。

こういうのは、きっと家庭で育つもので、今から育てているところと解釈しています。社会的な対応は、育て中でもいいのですが、やはり他人から見ると大人げないと思われることが多々あると思います。

そういうときは素直に謝る、教えを乞うなどで対応していくしかないと思います。白と黒の世界でなく、灰色もあるという世界を受け入れないといけないでしょう。

他人と比べ過ぎて辛くならない

アダルトチルドレンの方は、他人との人間関係を結ぶので悩んでいる方や他人と比べて自分の不器用さで悩む人が多いと思います。他人とうまく人間関係を結ぶことは生きていく上で大事だと思いますが、比べすぎて自分が辛くなるなら、頑張るのを休憩してもいいでしょう。

頑張りすぎてクタクタに疲れてしまっては、長い人生でいい人間関係を作っていくことができないです。努力でいけることもありますが、努力や我慢だけでないものが人とのつきあいです。

その場に流されるのも1つの手

初めて会う人と緊張しすぎることや周りにあわせようとして疲れはてたりするなら、その場の雰囲気に流されるように対応してみてはどうでしょうか?

緊張している自分を受け入れてもらう、会話がうまくいかなかったけどそういうのを含めて自分だし、他人と比べてもそこは仕方がないです。うまくいく日もあれば、失敗する日もあると楽天的に考えれたらもっと生きていやすくなります。

自分と合わない人とは避けていくのも手段のひとつですが、合わない人とどうしても合わないといけない時があります。

その経験も後から役にたつ、うまく関係性をもてなくても大丈夫、失敗を恐れなくてよかったと考えてみると、合わない人と会って仕事やつきあいをできたことは結果成功になるはずです。

人間関係は、自分の調子を見ながらその日その日をやり過ごしていったら、不安に思っている関係性が良好になったり変化していきます。

できることが増えたり、減ったり、相手も変化したりします。だから辛くなりすぎずに、その時の状況に身をまかせて流れに乗って、変化を楽しむ気持ちになればいいのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ