アダルトチルドレンの苦しさと向き合うには?

自分の中で生きていくのがしんどい、人付き合いの不器用さなどで苦しくなってしまうときがあります。

そういう時に周りを見るとスイスイと上手に生きていてやるせなさを感じたりとかあって辛いです。毎日感じることではないですけど、こういう気持ちに捕らわれると自分でも自分がなんだか嫌になってしまいます。

自分の不器用さを自覚する

人間関係を築く不器用さや極度に失敗を恐れる気持ちの強さとかは、アダルトチルドレンの方は強いのではないかと思います。そういう不器用な自分を人に見せる、オープンにするのは嫌かもしれませんし、難しいことかもしれません。しかし、不器用さというのはある程度はバレてしまうので素直にしているほうが相手から印象はよくなります。相手に媚びへつらうというのではなく、相手からも対応しやすい状況にするということです。

自分の性格の弱さなど見せられない関係だと、無理が続いて関係の継続が難しくなります。どういう人間関係でも、一方の無理が続く関係はかなりしんどいものがあると思います。自分はこういう弱さがあるし、相手の弱さも認め合えれば良好な人間関係ができると思います。

自分がこういう弱さを持っている人間だと自覚して行動するだけで、自覚なしで行動するより自分も傷つくこともなく行動し、生活していきやすくなります。

対人面での失敗を恐れすぎない

対人関係にしろ、仕事にしろやはり失敗や自分だけ手持ち無沙汰になるとさびしいですし、できるだけ避けたいと考えます。しかし、嫌なことを避けすぎているとコミュニケーションスキルは上がりません。

失敗すれば、それを元にここを改善していけば、次はうまくいくのではないかと考えることができます。失敗するのは、いくつになっても嫌なものです。でも、失敗することによって自分の経験値ができ、次回から失敗しない、うまくいく人間関係ができることがあります。

対人関係での失敗は、自分だけでなく相手がいるから失敗を怒れる気持ちも分かります。自分の能力以上のことは人間はできませんが、やはり努力はしていきたいものです。努力していくことで、その姿からがんばりを感じてくれる人もいるでしょう。

対人関係の能力だけでなく自分が生きていく限り避けていけることと、避けていけないことがあります。その時のために自分でもいい下準備をしていけばと思うといいのではないでしょうか。社会にで出ると自分でも理不尽なことだなって思うことがあっても、自分でなんとかしていかないといけないことがあります。

機能不全な家庭でいるとなかなか他の人ほど対人面でスキルがないと落ち込むこともありますが、自分でも自覚して失敗を恐れずに対処していけば成功につながっていくでしょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ