アダルトチルドレンが人間関係を築くのが苦手なのはなぜか?

私や私の兄弟でもよく話をしているんですが、人間関係を上手に築くことがかなり苦手です。自分の両親も今思えばかなり人間関係を築くのが苦手だったと思います。自信のなさや融通が利かないところが人間関係が上手く築けないところかなと考えています。

人間関係に深く求め過ぎない

人間関係にも依存性を求め過ぎると破たんします。アダルトチルドレンの方は自分の気持ちを伝えていくのが苦手な人が多く、また、依存的になりやすいです。うまく伝わる人に深く依存する、そこから人間関係にひびが入り傷つくという悪いループに陥る可能性があります。

でも、人間関係は相手があってからのことなので、1人に上手くいかなかったからもう絶対無理ということはありません。自分で反省できるところは反省して次が上手くいく可能性もあります。傷つきすぎてもう踏み出せなくことが辛いことだと思います。

うまく感情が伝わる人に深く理解してもらうことや色々と求めて、大切な人を感情のコントロールが上手くいかなくなって傷つけて、自分も傷つくということが悲しいことです。上手に感情をコントロールしていくことが、アダルトチルドレンの方の人間関係をうまくできるコツなのかもしれません。

自分自身の行動や考え方を変えてみる

休みの日などでも、1人で過ごすことが多いのではないでしょうか。

私も1人でいるのが好きですし、大勢の集まりはなんだか行くだけでぐったり疲れることが多いです。ただ、1人でいることに慣れると集団でいることや人と接するコミュニケーション力が落ちてしまいます。自分でも体調がよく落ち込んでも大丈夫そうな時に、集団慣れをしていくことをお勧めします。

友達を誘って遊んでみるとか、苦手な人に話しかけてみるや苦手なことから逃げてばかりでなく、上手く対処できるか試してみる。試してみるくらいの気持ちのほうがチャレンジしやすいです。なぜ、体調のいいときかというと、体調が不調のときはネガティブになることが多いので、友達と遊んでも上手くいかないと落ち込みすぎたりすることがあるからです。

身体の調子がいいと明るくなり、人と接しやすい気持ちになります。人間関係も体調に引きづられることが多いからです。人間関係でも苦手なことは、ずっと苦手で逃げていくか、また克服していくかで行動は変わります。

たた、逃げるのが駄目とは思ってはいません。その人にとってはまだ、克服する時期でなく、逃げる時期かもしれないからです。人間は1人だけで生きていけないので、人間関係にはいつまでも悩んでしまうものだと思います。

人間関係でも白黒はっきりつけたいとか考えるところが上手くいかないところだと思ってます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ