アダルトチルドレンとの接し方の3つの注意点は?

子供の頃を伸び伸びと楽しく過ごすことで、大人になっても楽しく過ごしやすくなるものです。

ですが、子供の頃に何かしらの問題を抱えている家庭で育った子供は、強い警戒心を持って大人になることがあります。それに自己肯定感が凄く薄く、自分は誰にも必要とされていないのではという気持ちを常に持つようになり、ちょっとした嘘や冗談も通じなくなる大人になってしまうこともあるのです。

接し方の注意点1:一人の立派な大人として接する

こうした大人のことをアダルトチルドレンと呼ばれています。そして、アダルトチルドレンとの接し方を間違えることで取り返しのつかないことにまで発展する恐れがありますので、アダルトチルドレンへの接し方を知っておくと良いのです。

アダルトチルドレンは決して病気ではありません。ですから病人に接するような方法は避け、一人の立派な大人の人間として接するようにまずは心がけておいてください。

接し方の注意点2:寂しい思いをさせない

そしてアダルトチルドレンの接し方ですが、愛情を十分に注がれないまま育ったタイプは寂しがり屋が多い傾向にありますので、寂しい思いをさせないようになるべく一緒にいてあげると癒すことができます。

多少の気を使うのも良いのですが、楽しいことを一緒に笑って過ごすことや、悲しいときは一緒に泣いてあげるのも良いです。また相手の心の動きに敏感ですので、自分の心の動きを悟られないように接するようにしてください。

接し方の注意点3:根気よく理解してあげる

このようなアダルトチルドレンの接し方がありますが、いきなり馴れ馴れしく接するのではなく、時間を掛けてゆっくりと接しながら、信頼されるようになりましょう。周りの人には理解できないことが多々ありますが、根気よく理解してあげられるように努力してあげてください。

理解できないからといって安易にカウンセリングや医師を勧めるのは止めましょう。接することがどうしても苦しくなってきたときは、一般人の友人などに手伝ってもらうと良いでしょう。

上から見下したような言動や行動も行わないようにし、同じ目線で優しく接していくと、徐々に心を開いてくれます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ