アダルトチルドレンの親が子供との接し方で注意すべきことは?

笑顔が絶えないような明るい家庭で育った子供は、成長して大人になり、結婚して親になっても明るい家庭を築くことができ、その子供が家庭を持つようになっても幸せな家庭を築くことができる可能性が高いです。

しかし親のどちらかが幼少時代に心の傷を負い、そのまま大人になってしまったときには、最近注目されているアダルトチルドレンになっている可能性があります。

親のどちらかがアダルトチルドレンならば、自分の子供がアダルトチルドレンになってしまう可能性が高くなりますので、子供のためにも克服しておいたほうが良いです。そして親の接し方によってアダルトチルドレンになってしまうことがあり、悪影響を及ぼす接し方をすることによって、心に傷を負ってしまい、トラウマになってしまうのです。

子供と接するときは

親が子供と接するときに、威圧的な接し方をすることで、子供が自分の意見や思いを言えなくなり、心を閉ざしてしまうこともあります。

とにかく親は子供に接するときにしっかり話を聞いてあげるようにし、自己主張のできない心にならないように気を付けましょう。そして、寂しい思いをしている時は優しく包み込むように接してあげるのが良いのです。

子供が頼れるのは親だけ

子供が頼れるのは親しかいないということをしっかり理解しながら接し、子供が伸び伸びできる家庭環境を作っていくのも大切なことです。また我慢強い子供はアダルトチルドレンになりやすいとされており、嫌なことを我慢して育ってしまう恐れがありますので、こまめに接してあげると良いでしょう。

子供への接し方は最も重要です。そして、衝動的に何かをしてしまうこともあるため、他人を傷つけるような行為に及んだときは、一緒に専門家に相談しに行ってあげてください。

このような接し方を行っていく上で、すごく大変なことが待ち構えている時もあります。しかし、子供の将来のためにも親は頑張る必要があることを忘れてはいけません。

親の中には甘くみている人もいます。ですが、決して甘いことではありませんし、時間が掛かることなので、しっかりした気持ちで向き合うようにしましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ