なぜアダルトチルドレンは承認欲求が強いのか?

機能不全な家庭で育っていくと、自分に自信がないことが多いです。子供の頃に両親など周りに認められて、褒められたり、認められないと精神的な安定につながらないし、自信をもてなくなります。人はやっぱり生きていると誰かから認められたいものだと思います。

自分の中の認めてほしい気持ちを認める

子供の頃に素直に自分のことを、褒めてもらえていないので、学業や仕事や恋愛で自分を褒めてもらえると、さらに認めてもらえるように努力します。努力も自分にとって無理がなければいいのですが、息抜きもせず努力し続けるので無理がでてきます。普通の人でも仕事にしろ、恋愛にしろ、学業にしろ認められるとうれしいです。

でも、アダルトチルドレンの方は、褒められるとそこに固執しすぎることが多く感じます。無理が続くと精神的にも参ってしまったり、体力的にも弱ってしまうことがあります。例えば、仕事で認められるとずっと仕事をして、そこでうまくいけばいいですが、仕事というのは、1人でするものでもないですので、途中で躓くこともあります。

そこから認めらないということで躓かなければいいのですが、1度認められるとなかなかそうはいきません。認めらたい気持ちもあるし、認められてうれしいし、でも、無理はしすぎないように自衛していくことが大事です。

まずは自分から認めるようにする

他者から認めてもらうことも大事ですが、アダルトチルドレンの方は自己評価が低いので、まずは自分で自分を認めてあげることが大事です。

自分のことは自分で認めてあげることから、大きな承認欲求を満たしていくことが少しでもできると思います。自己評価が高いって、周りから見ると鼻もちならない人物になるんじゃないかと悩んでしまいそうですが、他者に認めてほしいと無理しすぎるよりもまずは自分で自分を満たしてあげるということも大事なのではないかと考えます。

どうやって認めてあげるの?

自分で自分を認めるというと大げさかもしれませんが、今日も1日が無事に過ごせてよかった、平穏だったということだけでもささいなことから自分を褒めて認めてあげてもいいのではないでしょうか。

私にとっては、平穏な1日というのはありがたいと思います。日々の生活が本当に荒れていたので、ほっとする日々を過ごしていると不安に駆られることもありますが、今まで、苦労してたしご褒美と思って、悪いことはおきないし、明日もいい日がくる、自分も今日はがんばったと自画自賛を心の中でやっています。自分で褒めていると自分の中の自己評価も上がっていくし、人を褒めたり褒められたりするときの下準備になります。

急に褒められて変な対応にもならなし、人を褒めるときに自分を褒めるようにすれば自然になります。自分の味方はまず自分からですので、自分を認めてあげましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

2 Responses to “なぜアダルトチルドレンは承認欲求が強いのか?”

  1. まいこ より:

    私も長年恋人との関係がうまくいかず悩んでいました。親しくなり安心すると、必ずささいな相手の行動と発言に突然怒りが止まらなくなり、凄まじく相手を非難して関係を壊してしまうことの繰返しでした。今は結婚したばかりですがやはり喧嘩がたえず、深刻な状況です。克服したいのですが、自己肯定が何度試みてもうまくいかず、離婚するしかないのかと悩む日々です。激しい喧嘩をしてひどく落ち込むことの繰返しです。夫には私はわがままで甘えているんだと言われ、出ていってほしいと言われました。でもこのサイトで自分のことがとてもあてはまり、わかってもらえたような気がして涙がでました。

    • しぃ より:

      お気持ちよく分かります。私も夫から、もう限界、変わらないなら無理と言われてます。
      結婚は2度目です。1回目の結婚も含め長続きした恋愛は相手が私に依存していたから。私がいなければ生きていけないと言う言葉は、存在価値を認められるように感じるのですよね。
      元夫とは交際期間を含めると13年一緒でしたが、そのうち12年、暴力を受けていました。私がこうさせた、私のせいだと言われたし、自分でもそう思ってました。だから誰にも言えませんでした。
      暴力が子供に向かい、初めて人に打ち明けて間違ってると教えてもらい、離れることができました。その時も親は、私が悪い、我慢が足りないと言いました。相手の親からも、男性は怖いもの、我慢するべきと言われました。そうなのかもと悩んだこともありました。でも、子どもを守らなければと気持ちを強く持てました。
      子どもに暴力が向かわなければ、私はずっと囚われていたと思います。
      元夫のDVのトラウマのせいで今の夫と揉めると大事になると思い、一時カウンセリングに通いましたが、最初は協力的だった現夫に、金の無駄と言われ、途中で辞めてしまいました。
      ですが今回、夫からもう限界と言われて改善するために、どうすればいいのか調べて、育った家庭の影響で自己肯定感が低いことが障害になっていると思い、それを改善したいと夫に伝えたら、人のせいにするな、言い訳するなと言われました。
      今日、こちらを見て、直せるんだと光が見えた気がした反面、やはり夫が言うように、甘えで逃げてるだけなのかと、治療という方法に頼るこことに罪悪感を感じます。
      生きるのがしんどいです。
      思わず口に出してしまったら、無責任だと夫に言われました。その通りですね…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ