アダルトチルドレンが束縛するのはなぜか?

b45y4知人や恋人など身近な人がアダルトチルドレンだったという人も多いのではないでしょうか?

実際にアダルトチルドレンに接した人の意見を聞いてみると、「束縛が強い」という特徴を上げる人もいます。

いったいどうして束縛をするのでしょうか?

どうして束縛するのか?

アダルトチルドレンの人の中には、他人に見捨てられる事に対して強い不安を感じる人がいます。

「好きな人が離れてしまうのが怖い、そのうち自分を見捨てていってしまうのでは?」そんな気持ちが心の奥底にあるので、何かと相手の行動が気になって仕方がないのです。

一緒にいない時に何をしているのか、誰と話しているのか、自分の悪口をいっていないのかなど・・束縛がエスカレートすると常にパートナーの行動を監視し、命令する人もいます。出かける場所や一緒に行動する人に口だしたり、時間帯を厳しく指定したりすることもありますね。そして相手が自分の思い通りにいかないと怒りが爆発し、暴力となって現れることもあります。

どんなに好きな人を縛っても、不安がなくなることはありません。アダルトチルドレンに接している人の中には同情から「自分さえ我慢すれば済む」と束縛をすべて受け入れる人もいますが、それは解決にはならないのです。

そのようなことを受け入れていると、今度はその人が心を病んでしまいます。

束縛はなぜ起きるのか?

束縛はなぜ起こるのか?

相手のことが好きだからという意見もありますが、それは違います。好きでも自分に自信があって相手のことを信頼していれば、過剰な束縛をしません。依存心が強く自分に自信の無い人は、束縛も強くなりがちなのです。

このような問題は、やはり本人が自分の行動の原因を理解することと、束縛が意味を持たないということに気付く事が大事です。そして、相手のことよりまずは自分のことが好きになる事が大切ですね。

なかなか厄介なもので、他人が指摘しても聞いてもらえないこともありますが、もし自分で自覚している部分があるなら見つめ直してみましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ