承認欲求の原因は家庭環境!自分を認めてあげることが大切です

アダルトチルドレンの方には多くの場合、承認欲求がかなり強いことが認められています。

「そこまで要求しなくてもいいのに」と思うくらい、他人からは承認欲求が強いと感じられるのですが、いったいどこからそのような欲求が生まれてくるのでしょうか?

承認欲求の根源は家庭環境の不全

アダルトチルドレンの方にとって自己肯定感の欠如となる主な原因は、家庭環境が主な原因と言われています。

両親がいつも喧嘩ばかりしることや親と途中で離ればなれになって、愛情が欲しいときに愛情が得られなかった。いつも他人と比べられていて、否定ばかりされていたので自己肯定感が持てないまま大人になってしまった。

そんな子供のころに自己肯定感を何らかの理由で築けないかったことによって、自己の承認欲求が大きくなってしまったりするのです。

承認欲求の大きさで頑張りすぎる

承認欲求が過度に大きいことによって、自分に大きな負担を求めるようなことがあります。

完璧主義的傾向はいい例で、少しでも他人に認めてもらいたいがために、自分の負荷に耐えられない部分にまで努力を重ねようとします。

ですが、そういった無理が負担となり、自分自身がそれについていけなくなってしまって、目標が達成できないと自分自身をせめてしまいます。

そして、できなかった自己否定感から、さらに承認欲求が強くなったり自己否定感が強くなったりして、ますます悪い面に陥ってしまうのです。

できる限り自分自身の承認欲求を認めるべし

では、この過大な承認欲求をどう向き合うべきなのか。その対策として一番いいものは自分自身で自分を認めることにあります。

努力することで色々な人から認められたいという欲求があるでしょうが、無理をせず自分自身で疲れが出ない範囲で頑張ることによってうまく自分をコントロールして欲求を満たしていってください。

うまく自分で承認欲求を満たしながらも、無理をしてつまずかないようにしてあげることによって、無理な完璧主義からの挫折による自己肯定感の欠如を防ぐことが重要となってきます。

ほんの些細なことでもうまくいけば認めてあげる。これがアダルトチルドレンにとって重要な第一歩なのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ