アダルトチルドレンになってしまう人の特徴は?

「アダルトチルドレン」という名前は日本ではあまり知られていないように感じられます。あるいは、名前は知られていたとしても、意味を間違って使われたりすることもよくあります。

アダルトチルドレンという名称は医学的な病名ではありませんが、うつ病や適応障害、社交不安障害などといった多くの心の病の背後にある原因とされています。アダルトチルドレンとはいったいどのような人のことをいうのか、なってしまう人はどういう人なのかを中心に考えてみたいと思います。

そもそも「アダルトチルドレン」とは?

「アダルトチルドレン」とは、子どものころに親から必要な愛情を十分に受けることができなかったり、身体的、精神的、性的な虐待を受けながら育ったために、大人になってからも自己肯定感を十分に得られていない人のことを指します。子どものころに誰もが必要とする親の愛情を十分に受けられなかったため、自分は自分でいいんだという自己愛が十分に獲得できていません。

そのため人間関係がうまくいかなかったり、強迫的な完璧主義に陥ったりすることがあります。日本では「アダルトチルドレン」という言葉自体があまり知られておらず、また言葉自体は知っていたとしても意味を間違って捉えている人も少なくありません。

例えば「大人であるにもかかわらず子どもっぽい人」などという意味であると誤解している人も多いようです。

アダルトチルドレンに見られる特徴

アダルトチルドレンになってしまった人たちは、自分自身を否定されて育ったために、あるがままの自分を愛することがなかなかできません。そのため自分に自信がなく、自分の思考にも自信がないため、過剰に他人の顔色を伺って気を遣ってしまうことになります。

また、自分の思考や感情、感性を信じられず、それゆえそれを他者とも共有できないため、過剰に他人の顔色を伺っているにもかかわらず、皮肉にも人間関係がうまくいかないということがよく起こります。また、子どものときにいつもしっかりしていなければならなかったため、強迫的な完璧主義者となり、「100点か0点か」、「白か黒か」でしか物事を見ることができなくなることも少なくありません。

アダルトチルドレンになってしまったら

「アダルトチルドレン」という言葉自体は医学的な病名ではありませんが、多くの心の病の原因となっています。子どものころから「大人」でなければならず、しばしばストレスを抱えて育ったためにうつ病にもなりやすいですし、完璧主義者となってしまった場合には、何度もしつこくミスがないか確認して疲れ切ってしまう強迫性障害になる可能性が高まります。

対人関係がうまく築けない場合は対人恐怖症や適応障害、社交不安障害などにかかる可能性が出てきてしまいます。自分がアダルトチルドレンではないかと感じられ、しかもこういった症状が出ている場合には、心療内科やカウンセラーなど外部の専門家の力を借りるのも一つの方法です。

こうした症状があっても自分を責めないようにしましょう。

子どものときも子どもでいられなかった

アダルトチルドレンは「子どもっぽい大人」という意味だと思っている人もいるようですが、とんでもない誤解です。むしろその逆で、主に家族が原因で「子どものときから大人でなければならなかった大人」、「子どものときに子どもとして過ごせなかった大人」のことを指すのです。

アダルトチルドレンは多くの心の病を引き起こしますが、当然ながら彼らには何も非はありません。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ