アダルトチルドレンが共依存になってしまう何故?脱却には強い意志が必要!

アダルトチルドレンという言葉を聞いたことがありますか?アメリカのソーシャルワーカーの、クラウディア・ブラックがその名づけ親です。

子供時代に機能不全家庭で育った人のことを言います。そのアダルトチルドレンの人は成長すると身近な人と共依存の関係に陥りやすいのです。

それは何故でしょうか?共依存とその脱却法をみていきましょう。

アダルトチルドレンって何?

アダルトチルドレンの人は子供時代に受けた傷により、精神的に大きく抑圧され以下のような特徴をもちます。

  • 自分の意見を主張できない
  • 相手の反応を敏感に見て行動する
  • 対人関係が苦手
  • 我慢してしまう
  • 他人から認められたい気持ちが人一倍強い

アダルトチルドレンと共依存の関係は?

アダルトチルドレンは機能不全家庭の中で、愛されない、ネグレクト(育児放棄)という経験を味わいます。その中で愛してもらえないのは「自分が悪い子だから」「自分に価値がないから」と思ってしまいます。

そして必死に愛されるべく親を支える良い子として育ちます。そしてそのまま大人になっても誰かの役に立ちたい、という気持ちが強く現れます。

その思いは家族、恋人、友人、同僚へと向かいます。人の役に立ちたい、という思いは誰にもありますがアダルトチルドレンの人が人一倍強く、罪悪感さえも伴い苦しみになります。

誰かの役に立つ自分でなければ存在価値がない、と感じます。たとえば暴力を受けてもじっと耐えて離れない女性、「わたしがいなくてはこの人はダメになってしまう」これは共依存です。

アルコール中毒の夫の傍でオロオロしながらも酒を飲むことを許し「わたしが支えなくちゃ、この人にはわたししかいない」これも共依存です。

共依存の関係は相手に考えさせることをさせずに、コントロールしようとします。このように、自分の焦点が自分に向かずいつも相手に向かっています。

「そのままの自分」を受け入れられられない、その否定感が依存につながるのです。

共依存から脱却するには?

共依存であるかぎり成熟した人間関係が結べません。DV夫と別れても又DVの男性とつきあってしまう、というケースはよくみられます。

どのようにしたら共依存から抜け出せるのでしょうか?

  • 過去の傷を解放するための自助グループやカウンセリングを受けて自分を受け入れてもらう
  • 冷静に自分をみつめ過去の傷がどのような影響を自分に与えてるか認識する
  • 自ら強く意識して、他人の期待に答えない行動をする
  • 相手と自分を個の人間としてとらえ決して相手をコントロールしようとしない
  • ひとりになる時間をもつ

まとめ

アダルトチルドレンの共依存は行動や思考がひとつのパターンに陥っています。いわばその人のクセのようなもの。けれどクセは必ず治せます。ひとに寄りかかったり又寄りかかられない自分を確立することが大切です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ