100%を目指してはダメ!アダルトチルドレンが完璧主義を抜け出すために

アダルトチルドレンの特徴として、完璧主義であるという話が存在します。アダルトチルドレンはどうしてそのような特徴が存在するのでしょうか?

アダルトチルドレンの中には、まるで完璧主義でもないような感じの方も見受けられます。今回はその点について見ていきたいと思います。

自尊心の低さが完璧主義の原因

アダルトチルドレンの方の多くは、自身の自尊心が低いことから、自分が周りから認められていないのではないかと考える傾向にあります。

その劣等感をなんとか補おうと、色々な面で完璧に物事をこなそうとするのです。例えば、テストで100点を取ったり、常に自身の身の回りをきれいにしようとかがその一因です。

また、自分に対して過度に厳しい基準を設けたりするので、他人に対してもかなり厳しい基準を設けてそれができない時には相手を叱責したり、同じ基準を求めてしまって、友好関係がなかなかうまく作れないという方も多く存在します。

完璧にできない時には、何事もできなくなることも

完璧主義であるがゆえに、自身が目指している行為がうまくいかないと自分自身を攻めてしまいます。

「自分が何もできないのではないか?」というような過度な叱責を自分自身に課してしまっているので、その恐怖心から何も手がつかなくなってしまうのです。そこに、他人からの叱責が来るとなおのこと症状は悪化します。

こういったプレッシャーが強くなると、突然物事を投げ出したり引き籠ってしまうため、周囲から見ると完璧主義者というよりは、中途半端で物事を投げ出す人ではないかと思われるわけです。

こういったところにアダルトチルドレン本人と他人とのずれの原因があるといえます

こういった症状から脱却するには

アダルトチルドレンの完璧主義的な反応から脱却するためには、あまりに完璧に物事をこなさなくてもいいということをしっかりと認識させることが重要です。

自身を追い詰めすぎないで、80%くらいでもいいから最後まで物事を完結することで、「これでよかったのだ」と思えるようになることを考えていった方が精神的な負担も減り他人に対しても、バランスのとれた間隔で物事を見ていけるようになります。

自分自身も他人も許せるようになるのが、アダルトチルドレンの完璧主義的傾向から抜け出せる第一歩です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ