ありのまま生きれないアダルトチルドレンの原因は親にあった!?

今現在ありのまま生きれない辛さを抱えた人が増えてます。自己表現ができず、他人の目ばかり気にしてしまう。誰かに認められたい、ひとり取り残されることにおびえてしまう。それらは1番身近な存在、親との関係を築けてるかどうかです。

これが実は閉鎖感あふれるこの社会問題と結びついてます。ありのまま生きれない辛さやその関係がもたらす社会問題。これらは決して他人事ではありません。問題を問題にしない、この事実が辛いこともあるんです。

是非とも全ての方に知って頂きたい事実です。今の現在テレビやニュースに多く流れる家庭問題これが大きな社会問題になっているのです。その社会問題を、是非多くの方に知って頂きたいと思います。

アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレンとは、親の教養の問題や育った家庭環境の問題から辛い子供時を過ぎて、そのまま辛い思いを残してしまったまま成長した人です。つまりアダルトチルドレンは子供時より現在までに、親の教養の問題から来る生きずらさをずっと背負っている状態なのです。

親との関係で温かい人間関係を経験していなく、逆に親の機嫌や期待に応える事ができずに、罵倒や虐待を受けた経験から、周囲の人間に対して過剰な警戒心や否定、人の視線や言動に対して不安を感じてしまうのです。そして他者に対して何かをあげたい、尽くしてあげたいという気持ちが強くあります。

人に感謝されたい、認められたい、その気持ち強くでてしまい。結果共存性をもってしまいます。

無条件では貰えない愛情

親の愛とは、本来子供に対して無条件で愛情を注ぎます。もしこれが無条件でなかったら、条件が無いと貰えない愛情だとしたら。継続的に続く家庭では子供は親の愛を受けるために、常に親の意向に従い続けます。親との関係を維持するために生きるようになってしまいます。

これが子供の精神を支配してしまい、子供が成人する段階になっても引き継いでしまい、常に不健全な状態になってしまうのです。躾や教育というなの条件付きの愛が大きな問題なのです。

この家庭を第三者から見た場合、一見何の問題もない普通の家族に見えます。しかし条件付きの愛はもっとも辛い精神的な虐待だという事です。これを無くすためには無条件な愛が必要なんです。

子供時の環境による対人不安

アダルトチルドレンは自己主張や感情表現、自分を表現することに強い恐れを感じてしまうのです。それが対人不安につながり、他者の思いや、評価を過剰に気にしてしまいます。また、人から嫌われることを恐れるあまり、断れなかったり、他者に物事を頼めないなどの問題も出てきます。

それが原因で全て抱え込んでしまいストレスを感じつづけてしまいます。自分の気持ちを素直に表現ができないので、ストレスも貯まりつづけてしまいそれがたまに爆発してしまうときもあります。

成人しても内心的なトラウマを抱えてしまってる状態なのです。完璧主義であったり、破壊的であったりします。これが原因で人との関わりに申告な悪影響を及ぼしてしまうのです。

1番必要なのは親の愛

これまでも、子供たちには自立心や社会性の欠如、不登校やいじめが大きな社会問題にもなっています。最近では親による児童虐待の急増、親子間での殺傷事件など、特に親子関係の問題加わってきています。

この事件を起こした子たちの多くは親の愛です。今の子供たちは誰かの助けを求めています。一番それができるのは身近にいる親でもあります。

またアダルトチルドレンは機能不全家族です。その家庭を作ってしまったのもその親なんです。つまり1つ機能不全家庭が出来てしまうとその家系はずっとアダルトチルドレンを生んでしまうのです。このように家庭内の問題から悩みを抱えて現在社会に出てる方は沢山います。なので子供にはもっと無条件の愛を注いであげてください。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ