アダルトチルドレンは不登校になる?思い切って好きなことをさせて!

子どもは学校に通って勉強をしますが、誰もが学校という環境に適応できるわけではありません。いじめや体罰、そしてクラスメート内での人間関係など、意外と窮屈だったりします。

もしも子どもが学校に行きたくないと考えていたら、その願いを聞いてあげましょう。学校に行かなくても勉強できる環境は多く整っているので、そちらを利用することもできます。

学校が嫌だ?その気持ちは甘えなんかじゃない!

学校に行くのが億劫と思っている子どもは少なくありません。テストの成績や集団で行わなければいけない学校行事などが原因で、周りの目が気になってしまいます。そして失敗をすると、周囲の子どもから笑われます。

その失敗がトラウマとなって、学校そのものが嫌いになる子どもも少なくありません。いじめによる自殺に繋がる危険すらもあるので、子どもの様子がおかしければ学校を休ませましょう。

苦しんでいる子どもに対して「だらしがない」と一方的に責めては、それがトラウマとなってアダルトチルドレンになる危険があります。子どもの為を想うなら、まずは悩みに寄り添うことが大事です。

意外と息苦しい学校

勿論、学校を楽しいと考える子どももたくさんいます。ですがその環境に適応できない子どもにとっては息苦しい世界であり、逃げ出せない毎日に嫌気を抱いています。また、特に理由がなくても学校に通うことが億劫となる子どももいるのです。

学校という環境にいい思い出を持っていない大人も多くいます。学校そのものが不要とまではいいませんが、どうしても通わなければいけないという時代ではないのです。

教師もとても苦しい

学校は生徒だけでなく、教師にとっても苦しいのです。帰宅してからもテストの採点や授業のことを考えなければいけませんし、また保護者からの対応や、遠足や修学旅行の下見で休日が潰れます。

また部活という名目で残業も行わなければいけないので、負担がとても重いのです。生徒だけでなく、教師にも多大な負担がかかっていることを認識して、お互いに環境の改善を試みましょう。

学校が全てじゃない?世界は広いことを知って!

勉強ができる環境は学校だけではありません。何らかの都合で不登校になったり、または大人になってから勉強をやり直したくなった人の為にも環境は多数用意されています。

勉強が苦手になっても、後から取り返すことはいくらでも可能です。自分のペースで勉強できる環境を作り、その上で知識を身に付けていきましょう。忘れても、また復習すればいいのです。

知識はいくらでも得られる

知識不足に不安を抱いていたら、すぐに勉強をしましょう。本を読んでもいいですし、インターネットで気軽に検索することも可能です。一日数分でもいいので、継続していくことで大きな知識を得られます。

最低限のリスク管理を

インターネットを利用する際に注意するべきなのが、子どもにアダルトサイトや過剰な暴力表現が含まれたサイトを見させないことです。過度に束縛してはいけませんが、反社会的な思想に染まらないように配慮することが大事です。

子どもと一緒にインターネットの利便性と、またその裏に潜む危険な点もきちんと理解しましょう。その二つを受け入れることで、インターネットから知識を得ることができます。

    <学校以外でも勉強は可能>

  • スタデイサプリのようなシステムを使う
  • 図書館で積極的に知識を付ける
  • 学習塾に通ってみる
  • 書店で参考書を買ってみる
  • インターネットの動画サイトで学習をする

親は何をする?子どもの行動を見守ろう!

子どもが夢を持っていたら、親はそれを応援してあげましょう。好きなことを肯定して、それに向かって没頭させることが大事です。良かれと思ったアドバイスも逆効果になりかねないので、助言はしっかりと考えてからをオススメします。

勿論、子どもに危険が及ぶような行為は止めるべきです。しかしリスク管理に注意をして、その上で挑戦を応援し続ければ才能は開花します。まずは見守ってあげてください。

環境を整えてあげよう

子どもが夢を叶える為の環境作りは大切なので、どうすれば夢に向かって突き進めるのかを考えましょう。成功している人の本や体験談を参考にして、その為に必要な習慣を取り入れてみるのもいいです。

ただし、行き過ぎると子どもから嫌がられるケースもあるので、適度な距離感を保つことも大事です。行動と休息のバランスを取ってあげることが大事です。

物作りは可能?ネットで売ることはできる!

何か物作りが好きなら、ネットを使ってそれを販売してみましょう。クラウドソーシング系のサイトやSNSが発達した現代では、子どもでも自分の作品を売ることが容易になっているので、一度試してみましょう、

スキルを高めさせて

まずはスキルを高めることが大事です。自宅学習や学習塾のどちらでもいいので、子どものスキルを高めていけば可能性も広がります。そして成果を残せば、世の中に認められるようになるのです。

勉強も忘れないように

当然ですが、一般的な常識を身に付ける為の勉強時間も忘れないようにしましょう。勉強を怠っては作品を生み出すパターンも狭くなり、また社会に出る際にトラブルが起こります。勉強と発表の両立を意識しましょう。

フリースクールとは?自主性を求めた学校!

普通の学校が苦手な子どもの為に、フリースクールという学習施設も用意されています。少人数制で、また不登校児の為に用意された学校なので、何かトラウマを抱えていても安心して学習することができます。

フリースクールはいじめや虐待の被害に遭い、アダルトチルドレンになるリスクを抱えた子どもにも向いています。もしも子どもが助けを求めていたら、フリースクールのことも調べてみましょう。

日本でも浸透している

日本ではまだそこまで数は多くありませんが、徐々に浸透するようになっています。1998年よりNPO法人日本フリースクール協会が発足したので、学校教育の幅もより広まったのです。不登校になっても、別の学校で勉強することが可能となっています。

不登校でもいい?大事なのは今の気持ち!

子どもが不登校になっても、それで人生の全てが終わる訳ではありません。むしろあえて立ち止まることで心と体が癒されて、そこから再スタートに出ることも可能となっています。居場所は一つだけではないのです。

一番大切なのは子どもの今です。将来がどうなるかなんて誰にもわからないので、まずは今をどうしたいのかを考えましょう。逃げたいと訴えていたら、我慢や努力を押し付けないで休ませてあげるべきです。

好きなことを尊重させながら、夢を実現させる為には勉強が必要だと教えましょう。しかし知識は学校だけではなく、世の中の色々な所で身に付けることができます。視野を広めて、たくさんの選択肢を探してください。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ