子育てに悩んでいるあなたはアダルトチルドレンかも?

子育てに悩み、辛い思いをしている方は多いと思います。しかし、自分がどう行動すればよいのか全く分からず、暴言や暴力などでしか愛情をコントロールできないのであれば、過去の自分をもう一度思い出してみましょう。

あなたは、「心の病」をかかえているのかもしれません。しかし、それは治らない病ではありません。

少しづつ、心の扉を開けて、自分がどういう感情を持ち、どのような考えを持っているのか、冷静に見てみましょう。あなたは、必ず乗り越えられます。

アダルトチルドレンの要因とは?

アダルトチルドレンとはアルコール依存症の治療から生まれた言葉です。日本で一気に広まった「アダルトチルドレン」という言葉ですが、1981年ClaudiaBlackの著書を翻訳した際に使われ、「体は大人だけど心が子供」という認識のもと広まりました。

しかし、その本質は全く異なる事です。幼少のころ、家庭内での居場所が無く、親からの愛情不足で心を痛め、自分を否定され続け、常に他人の顔色を見て過ごす事が普通になり、自分の感情を抑ることに慣れてしまい、周りの人からは優等生だと言われることが多く、そのプレッシャーから、良い子であるべきだと自分でマインドコントロールをし、どんな場面でも「良い子・優秀な子」を演じてしまうのです。

自分の本性が爆発する時期

マインドコントロールによって、「良い子・優秀な子」を演じてきていても、どうしても自分の思うようにならないのが、子育てと言えるでしょう。子供は自分の思い通りにはいきません。

そんな時、いつも感情を押し殺していた長年の積み重ねが爆発するのです。自分で何をどうすればよいかを学ばなかったがために、暴言や暴力でしか子育てが出来なくなり、そんな風にしか出来ない自分が、許せなくなります。感情のコントロールを失うのです。

この場合はこうすれば、相手が喜ぶ。この場合はこうすれば、相手が反省していると思う。などと計算された事が通じない子育ては、お手上げ状態なのです。

しかし、「優等生」である自分が他の人に頼ることもできません。本来の自分と、作られた自分が葛藤し、見えない闇の中へ入ってしまいます。

自分を見つめなおす時期。

苦しみ、もがきどうしようもない闇に入った方は、自分を追い詰めることを繰り返し、反省をします。この反省した時に冷静になって考えることが重要です。

  • 自分の幼い時はどうだったのか?
  • 自分はありのままの自分を受け入れて欲しかったのではないか?
  • 演技をして喜ばせて本当にうれしかったのだろうか?

原因は自分の心の中に存在します。何事も優秀であれば褒められた幼い時、へまをしたときに暴力をふるわれたなど、自分を受け入れてくれなかった辛さがあったはずなのです。

また、その要求に答えようと必死で頑張ってきたのが、あなたです。頑張ってきた人生を自分で褒めてあげましょう。

何も悪い事をしてきてはいません。ただ、純粋に期待に答えようとがむしゃらに頑張ったんです。まずは、ご自身の頑張りを認め、褒めてあげましょう。

あなたは愛されています。

子育てによって上手くいかない、イライラした時は、大きな深呼吸をしましょう。あなたにも意思があるように、子供も意思があります。

お子さんも受け入れてあげましょう。周りに左右される気持ちはわかりますがまずは、その場から離れ、一旦落ち着きましょう。伝え終わった後、7秒間抱きしめましょう。

これは大事な事です。あなたは心の中で7秒数えながら抱きしめる事で、冷静さを取り戻します。子供は7秒抱きしめられる事で愛情を感じます。

お子さんはあなたを愛してます。あなたもお子さんを愛しています。愛情を感じ、与える事を少しずつ学びましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ