アダルトチルドレンと過剰適応!なぜ人に合わせてしまうのか?

アダルトチルドレンの特徴は主に5つの型があると言われていますが、反抗や非行を主な行動とするスケープゴート以外の4つの型では「人に合わせていく」ことがその言動の根底に見られます。

この、人に合わせていくことが過剰になると「過剰適応」と言われる状態になり、これは精神的な疾患などの原因になると言われているのです。

アダルトチルドレンと深い関係があると思われる過剰適応。その特徴や原因、アダルトチルドレンとの関連について詳しく説明します。

過剰適応とは

過剰適応の特徴の主なものとしては以下のものがあります。

    <過剰適応の特徴>

  • 自分よりも他人を優先
  • 空気を読みすぎる
  • 本来の自分とは異なった行動をしてしまう

そもそも適応とは?

適応の本来の意味は「その状況などに適っていること」ですから、ポジティブな意味なのです。人間が生きていくためには仕事や家庭、他人との関係など様々なストレスにさらされることになりますから、それぞれの環境にうまく適応することで心身に受けるダメージを最小限に抑え生き抜いていくことができるのです。

過剰適応の特徴

適応自体は他人とうまくやっていくことに必要なものであり、社会生活に必須のものといえますがそれが「過剰」になったとたんに本人にとって適応自体が辛いものへと姿を変えてしまいます。

皆さんの周囲にも、異様に人に合わせる人や不自然な微笑みを常に浮かべている人はいないでしょうか。周囲を意識し適応することを考えるあまり、過剰適応になっているのです。

過剰適応の人は常に相手の考えや表情などをくみ取り、自分よりも相手のことを優先します。そして、とにかく争いや不満が起きないように周囲の状況に気を配り続けるのです。

過剰適応は良い?悪い?

過剰適応の人は会社や学校生活の中では気の遣える人、笑顔の絶えない人などと言われて人望が厚い場合が多いです。その点では社会的には良いとも言えるのですが、本人にとってはとても辛い状況です。

しかも、過剰適応の難しいところは一度そのように見られてしまうと、それから自分本来の姿を見せていくことは大きなストレスとなり非常に難しいのです。

アダルトチルドレンと過剰適応

アダルトチルドレンと過剰適応にはどのような関連があるのでしょうか。

アダルトチルドレンの5つの型

アダルトチルドレンの主なタイプとして「ヒーロー」「スケープゴート」「ケアテイカー」「マスコット」「ロストワン」があると言われています。型ごとの行動の特徴は異なりますが、そこに通底しているのはアダルトチルドレンの「自分に自信がない」という特徴です。

行動についても、反社会的な行動を取る「スケープゴート」以外は他人に極端に合わせるという似通った行動のベースを持っていると言えるでしょう。

5つの型と過剰適応

例えば「マスコット」では場の空気を穏やかなものに保つために自分がおどけて盛り上げようとしますし「ケアテイカー」では相手が困っていようものなら、すぐに駆けつけて自分のことよりも優先して助けます。そこには、常に過剰適応の傾向が見られるのです。

他人や場を敏感に察知し行動するアダルトチルドレンと過剰適応は密接な関係があると言ってよいでしょう。

過剰適応の原因は?

過剰適応は元々の性格が原因となる場合と環境的な要因が原因となっている場合、両方が複合的に影響してなる場合があります。

元々の性格

元々繊細で相手の感情に影響されやすい人は過剰適応になりやすいと言えます。社会の中で生活する際に他人の感情や自分の状況など多くの情報を得てしまい、それに反応してしまうことで過剰に適応してしまうのですね。反対に、神経が図太く自分の考えを中心に生きている人は過剰適応になることはほとんどないと思われます。

環境的要因による影響

過剰適応は環境的な要因も大きいと考えられています。特に幼少期の家庭環境が重要です。通常、幼少期は親や家族に守られて自己中心的に動き、わがままな言動を繰り返すものですが、徐々に社会の中でそれが整えられてきます。

しかし、幼少期に家族の中で「もののわかった」振る舞いを求められた場合、相手に合わせていくことで自分の価値を形作ることになりますから、人に合わせる生き方が染みついてしまうのです。この点は、アダルトチルドレンとかなり近いものを感じますね。

過剰適応は病気の原因?

他人に合わせ過ぎてしまう過剰適応。精神疾患の原因となることも指摘されています。

過剰適応によるストレス

過剰適応は精神疾患の原因となると言われています。常に相手や集団のことを考えながら生きることで疲れ切り、休日などにゆっくり休んでも疲労が回復しなくなります。そうしてどんどん精神的にも肉体的にも追い詰められていくことによってうつ病などの精神疾患の発症につながってしまうのです。

うつ病になりやすい?

過剰適応の人の多くは、優しく責任感が強い人です。これは、うつ病の病前性格と考えられているメランコリー親和型性格や執着気質に含まれる性格でありますので、過剰適応の人はうつ病の危険性に常にさらされていると言えます。

アダルトチルドレンが過剰適応から解放されるためには?

アダルトチルドレンが過剰適応の問題に悩む場合、根底にはアダルトチルドレン特有の問題があります。過剰適応そのものへアプローチするよりも、まずはアダルトチルドレンとして傷ついた自分の心の痛みを癒してあげることが最優先になります。

まとめ

過剰適応の特徴や原因、アダルトチルドレンとの関連について説明してきました。アダルトチルドレンと過剰適応には密接な関係があり、「人に合わせることによって自分の価値を確認する」という精神構造が根底にあるのです。

アダルトチルドレンが過剰適応に悩む場合には、まずはアダルトチルドレンとしての自分を癒すことを優先することで過剰適応も自然となくなっていく可能性がありますので、焦らず向き合っていきましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ