適応障害の心身症状の特徴とは?まずは症状の自覚が解決の一歩目

心身に多様な不調が表れ、通常の社会生活が送りづらくなる適応障害の具体的症状にはどのようなものがあり、しばしば混同されがちなうつ病など気分障害との違いはどんな点であるかを踏まえ、大きく身体面、精神面、社会的な問題行動面から見ていきます。

適応障害の発症のきっかけについて

日常生活の中で直面するあらゆるストレスが発症のきっかけとなり得ます。

家庭内不和や職場内といった身近な人間関係から感じるストレスであったり、介護問題、別居、過剰ノルマや極度の競争を強いられる仕事内容やパワハラ、いじめなどが原因となったり、退職、転職といった一つの節目を迎えたときなど環境的要因に至るまでそのきっかけは多岐に渡りますが、耐えがたい大きなストレスを感じる特定の状況が発症原因になり得ます。

通常の場合、誰しも感じるストレス遭遇場面から一定期間を過ぎると落ち着きを取り戻して普通の社会生活が送れるようになることに対し、何らかの形でストレス反応が過剰になってくるに従い、一時的ではなく長期間に渡って社会生活に支障を来たすほどに悪影響をもたらします。

適応障害に見られる精神的症状について

代表的な精神的症状については、抑うつ症状、不安症状、不眠や睡眠障害に関する症状があります。感情のコントロールができなくなったり、落ち込みや思考力や判断力の低下が見受けられることからしばしば気分障害の一つであるうつ病などとも混同されがちですが、うつ病や両極性障害ほど重篤な症状ではありません。

不安症状についても同様で、社会生活に支障を来たすほどに大きな不安を感じたり不安に思っているものごとについて敏感になりますが、不安障害ともまた違います。

適応障害が進化するとうつ病になる可能性は孕んでいますが、症状の持続性などから気分障害とは区別して判断された場合、適応障害の診断になる場合があります。

身体にもいつもと違う兆しが現れたら注意!

適応障害の身体症状には動悸がしたり頭痛や肩こりといった体の各部位の痛みや倦怠感などがあり、風邪症状が出る場合もあります。

継続的にストレスを受け続けることにより自律神経が乱れることから様々な身体反応を生じ、ストレスを原因とした体の不調症状が中心的であると、心身症と判断がされる場合もあります。

社会的問題行動が引き起こされるケースも

引きこもりがちになったり、暴力的になったり、勤務の怠慢や無断欠勤などといった問題行動がしばしば起こります。乱暴運転や飲酒運転、万引きなど法に触れる素行問題が見受けられることもあります。

適応障害のきっかけと症状まとめ

行動面も含め、ストレスによる心身の多様な反応が出現する適応障害です。解決のためには、まず症状を自覚することからがスタートとなります。出勤が困難な方であれば転職や退職などストレスの原因となっている環境や要因から距離を置いたり、環境を変えることも根本解決として視野に入れることも必要です。

ストレス要因が家庭そのものにある場合などでストレスから離れること自体が困難な場合は、カウンセラーなど専門家と二人三脚での認知行動療法などで心理的負担を軽減しつつ、自分自身の物事の受け止め方の方を変えていくアプローチも一つの有効手段です。

一人で何とかしようとせず、医師であれカウンセラーであれ必ずどなたか信頼できる治療者と相談しながら取り組んでいきましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ