もしかしてあなたも毒親?毒親を判断する3つのチェックリスト!

親にとって子供はいつまでたっても可愛いくて心配なものです。

ですが、子供の成長とともに子離れしていかなくては、子供が自立できない大人になってしまいます。

子供に依存するタイプや過保護、過干渉な親は、自分が子供の自立を阻害している自覚がないことがあります。

あなたが毒親に当てはまるかどうかをチェックする項目がありますので、是非確認してみてください。

1.自分の趣味はある?子育て最優先タイプ

あなたには、自分の趣味や好きなことがありますか?自分の事はなんでも後回しにして、子供の事を最優先にすることはたいへん立派です。

ですが、子育てだけの生活では、ついつい子供を干渉し過ぎてしまう傾向にあります。子離れの時期を見極めるのはとても難しいものです。

子離れしなければならない時に自分の生きがいを失わないように、自分の趣味を見つけ交友関係を広げておきましょう。子供中心の狭い視野では、子供も息苦しく感じて小さく育ってしまいます。

子供を自分の枠の中に閉じ込めずのびのびと育てるためにも、子供の幸せだけでなく自分の幸せを考えるべきなのです。

2.言うことを聞かないと怒る?親の価値観を押し付けるタイプ

子供が親の言うことを聞かなかった時に、子供を激しく起こったことはありますか?その怒った理由は、本当に子供のためを思ってのことでしょうか。

自分の思い通りにならない怒りをぶつけているようであれば毒親の危険があります。例えば、テストの点数が悪かった時に周りと比較して怒った経験はあるでしょうか。

成績が悪いことが本当に怒られるようなことなのか考えてみてください。無理強いして勉強させることが本当に子供にとって幸せなのでしょうか。良い成績を取り、良い高校・大学へ進学し、一流企業に就職することは立派なことです。

ですが、それが本当に子供の望む事がどうか考えましょう。親と子供はそれぞれ価値観も考え方も違う別々の存在なのです。自分の価値観を押し付けていると、子供は自分の本当の幸せを見つけることはできません。

3.子供がいつまでもそばに居てほしい?依存タイプ

子供がいつまでも自分のそばにいてることを望みますか?子供は親が大好きなので、親を幸せにしてあげたいという気持ちがあります。親がいつまでも子供と一緒にいたいと願えばその願いに従おうとするでしょう。

本当は、海外留学したかったり、一人暮らししたかったり、都会で働いてみたかったり、子供なりの夢があるかもしれません。ですが、親が子供に依存してると子供が自立するチャンスを逃してしまいます。

好きな場所で好きなことを思い切りできるように、親は子供の後押ししてあげましょう。

まとめ

上記の3つのチェックリストのいずれかに当てはまるようであれば、あなたは毒親の可能性があります。

親は子供の成長とともに子離れできるよう、自分の趣味や生きがいを見つけて交友関係を広げていきましょう。親の子供に対する過保護や過干渉、依存が子供のストレスとなって悪影響を及ぼさないよう気をつけましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ