毒母他界!10年以上たっても終わらない虐待の苦しみ! 女性 38歳 Y.M.さん

私の父の記憶と言ったら、母にしょっちゅう暴力をふるって、仕事には行かず日がな一日家でゴロゴロしているというものしかありません。

家ではいつも罵声が飛び交い、私はよく泣いていたのを覚えています。私が3歳くらいになったとき、父は家を出ていきました。それから、母と祖父母との4人暮らしが始まりました。

同時に、この頃から母親は私に対してしつけという名目のもと虐待をするようになりました。

暴力のある日常!辛い幼少時代!

普段は優しい母なのですが、スイッチが入ると人格が変わったようになるのが常でした。物理的な虐待は勿論、言葉による虐待は日常茶飯事で、祖父母はそんな母をよくたしなめていましたが、彼らが見えないところで虐待を繰り返していました。

蹴る、叩く、殴る、首を絞める、あと髪の毛を持って引きずりまわすということもありました。私の大きな泣き声を聞きつけて、祖父が駆けつけ母を叱りつけるというのが、当時の我が家の日常でした。

私は大人になるまで生きられるだろうかと、よく思っていたものでした。母が私によく言っていたのは「生まなければよかった。」ありふれた暴言。

ですが、この言葉が成人してからも私を苦しめることになりました。

反撃したら暴力は少なくなったが、新たな試練が……

高校生になっても母の虐待はやむことはありませんでした。ですが、何年にも及ぶ虐待で私の中の何かが切れてしまったことがあります。

いつもように母は何かのきっかけで私に暴力をふるいました。そして、私は母に思いっきり一発お見舞いしてやりました。そうすると母は発狂して「家庭内暴力!この子、親に暴力ふるった!」と祖父のところへ泣きべそをかきながら逃げていきました。

それから物理的な虐待は少なくなりました。相変わらず、言葉による虐待はありましたが、昔に比べれば大分マシな日常がやってきました。しかしながら、それは私の早合点でした。

奨学金が通帳からおろされていました。すべて母に使い込まれていたのです。その時は祖父が学費を工面してくれましたが、私が成人すると私の通帳から生活費と称して5万円ほど勝手におろすようになりました。

母の他界。すべて終わったと思ったが……

私が22歳の頃、祖父が他界、その2年後、母親が他界しました。あんな親でも血のつながった肉親ですから、私は号泣しました。しかし、悲しいはずなのに、どこか私はほっとしていました。

これで母にもう苦しめられることはないと思ったのです。しかしながら、最後の最後で母はやってくれました。祖父の遺産の管理は母親がやっていました。

そして、祖父が私の為に貯めていた結婚資金500万円が無くなっていました。それだけでなく、祖父の潤沢な遺産はほとんど無くなっていました。

10年以上たっても終わらない苦しみ

母が亡くなったとき、私はようやく母から解放されたのだと思いましたが、違いました。

母からされた仕打ち、罵詈雑言は私の中から消えることはなく、歳をとるにつれその記憶に余計苦しめられることとなりました。時間が解決してくれるなんてよく言いますが、そんなことはありません。

私は常に未完成のままでいるような気がしてなりません。自信というものが無いのです。何かを成し遂げても、それで褒められとしても、私は出来損ないだという思いから自分に満足することができずにいます。

幼少期ずっと貶められた私は人並以下としか思えず、社会生活でも生きづらさを感じることがあります。ですが、いつかは母親を許そうと思います。人を、しかも亡くなった人を憎み続けるのはとても苦しいことです。

私は自分の為にそうしようと思います。まだまだ時間はかかりそうですが、死ぬまでにそれが出来れば御の字だと考えています。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ