アダルトチルドレンのケアテイカーの問題?依存体質にしてしまう!

アダルトチルドレンの特徴の一つの中にケアテイカーと呼ばれるものがあります。この特徴は人のお世話をする事で自分自身の価値観を見出すというもので一見非常に良い事に感じますが、反面アダルトチルドレンとしての多くの問題もはらんでいるのです。

アダルトチルドレンのケアテイカーを生んでしまう家庭環境は常にその子供が誰かの世話をしなければならない状況を作り上げている事が多いのも事実です。ケアテイカーとなると周りの人を依存体質にしていってしまうという問題もあるのです。

アダルトチルドレンのケアテイカーとは?世話好きな人です

アダルトチルドレンのケアテイカーというタイプは別名世話役とかリトルナースなどとも呼ばれるアダルトチルドレンの特徴の一つです。

どんな特徴ですか?

ケアテイカーの特徴は人を世話する事で自分の価値感を見出そうとするところがあるのですが、どちらかといえば思いやりがあって、周囲のちょっとした変化や良く無い雰囲気などに気がつき、どちらかと言えば出来た人と思われる事が多いのです。

そして依存される事に喜びを感じるのでとことん世話焼きとなってしまい世話を焼かれた相手は完全な依存症となっていってしまう事が多く見られるのです。とにかく誰かを助けていないと自分に価値が無いと感じてしまうことに大きな特徴があるのです。

ケアテイカーになってしまう訳は?育った家庭環境の問題です

ケアテイカーになってしまう理由は子供時代に自分自身が子供でいる事が許されない環境で育ち、常に誰かの世話をする事でしか自分の存在価値を見出せなかったという事です。

どの様な家庭環境?

誰かの世話を常にしていないと家が回らない状況であったり、気を使わないと怒られる環境であったりというような状況が当たり前な家庭環境で、そのような中で育つと必然的にケアテイカーへとなっていってしまいます。

ケアテイカーの問題は?気遣いが出来ないと自分の存在価値が無い事

ケアテイカーが起こす問題は自分自身の問題というよりもその周りにいる人達への影響が多くおこる可能性があるのです。

どんな影響?

ケアテイカーはとにかく心配性で相手の事をお世話したがる傾向にあります。そして相手が感謝してくれればくれる程、自分自身の存在意義が高まる為、そのような状況を意図的に作るようになりどんどんその人を依存体質にしていってしまうという影響を及ぼす恐れがあるのです。

特に問題なのが?

特に問題となるのが家庭内にアルコールやギャンブルなどの依存症や引きこもりなどが同居している場合、常にお世話する環境が整いケアテイカーは一生懸命お世話をする事に力を注ぎます。その結果その依存症はますます酷くなっていってしまうのです。

恋愛においての問題

アダルトチルドレンのケアテイカーが恋愛をすると相手にとってケアテイカーは世話好きなので最初はとてもいい人、優しい人と感じます。その先にあるのは相手が完全な依存型となっていってしまうパターン、もひとつはケアテイカーの心の中にそもそもある私も優しくされたいという思いが強くなるパターンとがあり、どちらも恋愛としてうまくいかなくなるケースが多くなるのです。

ケアテイカーに育てられた子供は?自分の意見が言えない

アダルトチルドレンのケアテイカーがそのまま親になると子育てにおいても子供に失敗をさせたく無いという思いから行き過ぎた子育てとなっているケースが多く見られます。

あまりにも過保護?

ケアテイカーの特徴は世話好きな事です。世話好きな人、世話を焼く事で自分の存在価値を見出す人が親になるとどうなるか?それは過保護な親になってしまうということです。

例えばどの様な事?

ケアテイカーの親に育てられた子供たちの声から聞こえてくるのは次のような事が多く見られます。例えば進学や就職に対してコントロールされ、子供からは自分がどこに進学し就職するのかといった自由や価値感は奪い取られてしまうのです。

また、食べ物などに対するコントロール、価値感のコントロール、罪悪感のコントロールなど、あらゆる事をコントロールし子供は幾つになっても子供という状況にもなってしまいます。

その結果子供は?

このようにケアテイカーにコントロールされて育った子供は大人になるに従って強い不安を感じるようになっていきます。ひとつは価値感を自分の親に頼り切っていた為、気付いた時には自分の意見をいうことができない状態になっているのです。また自分自身で物事を判断する事すらできなくなっているのです。

ケアテイカーを克服するには?一番ケアが必要なのは自分である事に気付く事

ケアテイカーは自分自身のみならず自分の周りの人への影響も大きく特に子供を育てる親の身としては克服すべき課題です。ケアテイカーを克服する為には次のステップを進んでいく事で克服していく事が可能であり、誰かの世話をする事無しでも自分が存在するだけで十分素晴らしいことである事に気付いていく事が大事です。

克服のステップ

克服の為に進んでいくステップは次の通りです。

  • 自分がなぜケアテイカーになってしまったのか気付く
  • ケアテイカーでい続けなくてもいい事、やめていい事を理解する
  • ケアが必要なのは実は自分である事を理解し、自分をケアのケアを行う
  • 自分以外の人に対するケアを本当に必要かどうか理解できる
  • 冷たい人と思われずに他人との丁度良い距離感を保てる

克服していく過程の中で自分以外の誰かを変えてあげたいと思った時はもとに戻ってしまう可能性のある危険信号だと思う事が大事です。

まとめ

アダルトチルドレンのケアテイカーは、人の世話をする事でしか自分の存在価値を認識できないような家庭環境に育った子供がなってしまいやすい症状で周りの人にとっては非常に世話好きの人がいるという位で喜ばれる事の方が多いかも知れません。

しかしながらその世話をされている人が依存体質の場合は、その依存体質が加速してしまうなど色々と問題が出てきてしまケースもあります。アルコール依存であったり、ギャンブル依存などがケアテイカーによって更に悪化してしまうケースもあるのです。

また、本人にとっても気遣いや世話をする事でしか自分の存在価値を示せないという思いが強いのでそれをしないでいる事に対して恐怖感を感じてしまい、無意識の中でも世話をすべき人を探して干渉しすぎてしまうという問題も出てきてしまうのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ