適応障害になりやすい性格の人がいる!適応障害になりやすい性格は?

適応障害は自分のおかれている環境に適応することができずに、様々な心身の不調を引き起こしてしまう病気です。

適応障害になりやすい性格、なりにくい性格があり、なりやすい性格の人は気をつけた方が良いでしょう。どういった性格が適応障害と関連しているのでしょうか?

融通が利かないぐらい真面目である

適応障害を起こしやすい性格の人は、真面目であるという特徴があります。

何事に対しても真面目にしっかりと取り組むということをしていて、手を抜くことが苦手なのです。時には手を抜く、違った物の見方をするということができたら楽なのですが、その部分で融通を利かせることができないのでどうしても頑固に自分の思っていることを貫こうとします。

そういった生真面目さが災いをして、自分の許容範囲を超えて頑張ってしまい適応障害を引き起こすことがあります。

周りの人のことを過剰に気にする

適応障害になりやすい性格の人は、周りの目を極端に気にして、評価されたいと思っています。

その為に嫌な頼まれごとをしても断れなかったり、自分と違う意見を言われても同調してしまったり自分を出すことができないのです。そういったところで自分を抑えて我慢するので、置かれている環境の中でしんどいなと思ってもその中で周りを気にして頑張り続けてしまいます。

それが蓄積された時に、適応障害となって症状が出てきてしまいます。

繊細で感受性が高い部分がある

繊細で感受性が高いということは長所にもなることがあります。周りの人の気持ち、その場の空気などをしっかりと受け止めて、それに合わせて動くことができるからです。

しかし繊細であることから他の人であれば受け流せる程度のストレスも、過度にとらえてストレスを抱えてしまうことがあります。周りの人が考えていること、周りの人同士の人間関係などもよく見えてくるタイプの人なので、ちょっとしんどいなという環境下にあると一番に適応障害を引き起こしやすくなってしまいます。

白黒思考で許容範囲が狭い

物事に対して白か黒かどちらかという風に判断しがちで、グレーである部分を認めることができない人は、どうしても許容範囲が狭くなってしまいます。そしてそのことから色々な環境下でストレスを抱えてしまうのです。

許せない、違うということを多く感じていたらしんどくなりますし、適応障害を引き起こしてしまうことも理解できます。白か黒かはっきりさせたくなる、曖昧なことが苦手という人も適応障害になりやすい性格です。

まとめ

適応障害になりやすい人の性格には、こういった特徴があります。自分が当てはまるかもしれないと思うところがあった人は、適応障害にならないように気をつけてください。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ