頑張りすぎる人になったら?行動と休憩のバランスを取って!

きちんと努力ができる人は素晴らしいです。失敗してもめげずに頑張って、成功するまで様々なことに挑戦する気概を持っている人は評価されます。その人はとても真面目で、いつも誰かの為に頑張っています。

しかしその行動が行き過ぎると、体を壊すきっかけになります。アダルトチルドレンの人は時に普通の人以上に頑張りすぎてしまう特性もありますが、そのリスクについても知っておきましょう。

何事にも頑張る!でもそれで疲れすぎない?

頑張ることは一見すると素敵と思われがちですが、力を向ける方向が間違えたら当人の毒にもなる恐れがあります。結果が出ればいいですが、もしも失敗に終わると当人のプライドが傷付くからです。

頑張る裏に潜むトラブル

努力は報われるとよく言われますが、方法を少しでも間違えたら失敗するリスクが高まります。基本を忘れて、ただ我武者羅に行動だけをしても判断力が欠けてしまい、失敗に終わってしまいます。

仕事や勉強でも、当人はベストを尽くしたつもりでも、実はそれはただの思い込みである可能性は少なくありません。失敗のリスクを減らすには、独りよがりにならないように外からの情報を定期的に浴びることが大事です。

真面目すぎるのは毒に

真面目であることを求めすぎると人生が辛くなります。成果を出せない自分を問題視して、そして自己否定に走ってしまうのです。誰にも認められないという思い込みによって、鬱病すらも引き起こすのです。

承認欲求も原因になる

根底に承認欲求が宿っていると、それを満たす為に無茶な行動を平気で取るようになります。食事や睡眠を削ってでも仕事や勉強に励みますが、それで本当に成果が残せる保証はありません。

むしろ心と体を蝕んでしまい、取り返しのつかない結果も引き起こすのです。少しでも褒められたがっているようでしたら、まずは休みましょう。誰かの目を気にしても、未来があるとは限りません。

    <過剰に頑張ると>

  • 誰かの期待に応えようとする
  • 無理をしてでも相手を喜ばせる
  • 自分の体力に構わず行動する
  • 見返りをくれない相手に苛立つ
  • 自分の欲求が悪いことと考える

真面目すぎる?それがトラブルを招くことに!

真面目が必ず正しいとは限りません。むしろその真面目さが周囲から反感を買う原因となって、孤立してしまいます。また無意識の内に相手を見下してしまい、そのせいで評価が下がることもあり得ます。

自分のルールに従い過ぎ

自分の頑張りを人に認めさせようとしてはいけません。まずは自分が満足できるような行動を選んで、周りからの評価はその後にしましょう。また思うような評価が得られなかったとしても、相手を恨んではいけません。

時には羽目を外すべき

時には思い切って遊んでもいいのです。最低限の義務やルールは守るべきですが、誰でも休息を取らなければ限界が来ます。羽目を外しても周りに責められることは滅多にないので、遊ぶこともまた生きていく上で欠かせないのです。

真面目は正しい?幸せになれるとは限らない!

真面目であることが正しいと限らないと考えてみましょう。自分が真面目になったからと言って、人生そのものが成功する保証はどこにもありません。むしろその真面目な態度によって、他のことが目に行かなくなるケースもあります。

自分の望みを知ろう

まずは自分が何をやりたいのかを知ることが大事です。自分の好きなことや、または趣味について突き進んでみましょう。すると自分の理想の正体が掴めることもあるので、楽しいことに挑戦することが一番です。

抑圧してる?過剰な我慢は心の毒になることも!

子どもの頃にワガママになれなかった人は、大人になっても自分の感情を抑圧します。しかし過剰に抑えようとしては、いつか爆発した際の反動もまた凄まじく、何らかの精神病を引き起こすのです。

それを改善する為にも、まずは自分の心と向き合っていきましょう。もしも息苦しさを感じていたら、精神科に通うことも必要となる場合があります。

上手くコントロールを

適度に自分のやりたいことも挑戦してみて下さい。罪悪感を感じているのであれば、楽しんだ後に埋め合わせるようにしましょう。自分が楽しんだように、他の誰かを楽しませればいいのです。

視野が狭い?世の中は変わっていくことを知る!

不安になる大きな原因は情報が不足していることです。知識が足りないことでトラブルの対処法がわからなくなるので、まずは日頃からニュースをチェックしましょう。

今の時代は紙媒体だけでなく、インターネットでいくらでも情報を得られます。無料で知識を好きなだけ得られるので、とにかく視野を広めることが大事です。話題も増えるので一石二鳥です。

貪欲に情報を吸収する

ジャンルは何でもいいので、とにかく情報を集めましょう。娯楽や運動、グルメや美容など何でも構いません。多ければ多いほど、新しいアイディアが生まれますし、もしも忘れたとしても好きなだけ復習ができるのです。

自分を大切にするには?周りの人と力を合わせて!

頑張りすぎていると感じたら、時には誰かの力を頼ってもいいのです。究極的に、誰の力も借りないで生きていくことは不可能なので、思い切ってSOSを発信してもいいのです。

私達が毎日のように利用している水や電気も、他の誰かが管理をしているから利用できます。また住宅や道路などのライフラインも、誰かが点検をしてくれているので、常に頼られていると言えるのです。

申し訳なさを感じているのであれば、それに報いるようにしましょう。そして無理をし過ぎては恩返しができないと考えて、日々の生活に工夫を入れればいいのです。適度に頑張りながら、適度に休憩しましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ