アダルトチルドレンの主な6つのタイプと克服する方法は?

アダルトチルドレンとは、もともとはアルコール依存症の人を主とする機能不全家族での幼少期のストレス体験を受けて育った人を定義した言葉です。

現代は解釈が広がり、精神的虐待も含め、未熟な親など、親としての機能を果たすことが出来ない親の子どもであったために、大人になっても生きづらさを感じる人を指します。

アダルトチルドレンの主な6つのタイプ

マスコットタイプ(ピエロ)おどけた仮面を被って不安をかくしてきたタイプ

過度にかわいく子供っぽい、家族の笑いた関心の対象になる。またはか弱くて保護を必要とする。

ケア・テイカー(世話役)親や周囲の面倒をみてきたタイプ

優しく、思いやりのある子、聞き上手

ヒーロー家族の期待を一身に背負ったタイプ

小さな大人、生真面目で努力家

スケープ・ゴート(身代わり)家族の問題を行動化するタイプ

反抗的、陰気、反感を買う行動をする。

ロスト・ワン(迷子)存在しないふりをして生きのびたタイプ

顔をみなくても誰も気にしない。無口で陰気。

アダルトチルドレンがかかりやすい病気

アダルトチルドレンは、いろいろなタイプがありますが、自己評価が低く、正当な要求を押し殺したり、完璧主義だったり、どのタイプであっても、生きづらさを感じます。

生きているだけで、普通の人よりストレスがかかりやすく、精神科、心療内科系の病気にかかりやすいと言われます。

うつ病、パニック障害、社会不安障害、全般性不安障害。解離性障害などにかかりやすく、また、境界性パーソナリティー障害・演技性パーソナリティー障害・反社会性パーソナリティー障害・自己愛性パーソナリティー障害・強迫性パーソナリティー障害・依存性パーソナリティー障害として診断されることもある。

アダルトチルドレンを克服するために

まず、第一に自分がアダルトチルドレンだと気づくことが大切です。この場合、うつ病やパニック障害など、体もしんどくなる病気にかかると、日常生活を送ることが困難になるため、心療内科に行く場合が多いです。

運よく、よく話を聴いてくれる医師との出会いがあったり、臨床心理士さんのカウンセラーを受けることで、子ども時代の心の傷が癒され、ありのままの今の自分を認めることが出来るようになれば、病状の改善とともに生きやすくなると言われています。

いろいろな心理療法があるので、自分にあった心理療法を受けることが必要です。

パーソナリティー障害は本人が気づいたり、認めることが少ないので、この場合は少しむずかしいかもしれませんが、何か生きづらさを感じるならば、専門家の助けを求めることが必要です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ