アダルトチルドレンのカウンセリングの活用について

アダルトチルドレンのカウンセリングには同伴者が必要な場合があります。アダルトチルドレンは、大人になっても特定の部分だけが強く幼い状態で、精神的に未発達のことです。

周囲から見て、どんなところが子供のままなのか、どんな状況で周囲の大人と接触する際にトラブルが起きるのかなどを理解している人が、カウンセリングに同行してあげるべきでしょう。

アダルトチルドレンのどんな部分が幼いかを理解する

アダルトチルドレンの人は、社会で生活するうえで、特定の状況になった時に幼さを露呈し、周囲から奇異の目で見られることがあります。

例えば、仕事において資料を作成したりパソコンをうつような業務はきちんとできるのに、電話応対でお客さんと接する時には言葉が出ずにパニックになってしまうなど。

社会生活を送る上で、どんな状況だと精神的に未発達な状態が現れるのかを、第三者がカウンセラーに伝えることが大切です。

アダルトチルドレンの適正なカウンセリングとは

カウンセラーは、対象者の精神的に未発達な部分がわかったら、社会生活を送る際に、その対処方法を同伴者に伝えます。電話応対が苦手なら、自宅で電話に出る練習をして、マニュアル的に人と会話することを覚えさせます。

相手がこういう言葉を言ってきたら、こう返すなど、パターンを決めて練習を行い、人に慣れるという習慣をつけます。
対人的な幼さ以外にも、アダルトチルドレンたるゆえんはいくつもあるので、その部分を解明して、練習をするということを繰り返します。

アダルトチルドレンには理解者が必要

実際の社会生活では、練習をしている状況はありませんから、アダルトチルドレンの部分を周囲に理解してもらうことが必要です。そのためにカウンセリングで受けた内容を会社の中で情報共有してもらい、補助してもらうなどの手助けが必要になります。

上記の例では、電話応対や接客などは任せず、それ以外の業務をこなしてもらうことで、アダルトチルドレンの要素があっても会社の中で十分機能できます。

さらに、アダルトチルドレンの場合は、特定の部分が精神的に未発達ですが、特定の部分はほかの人よりも発達した能力をもっていることがあります

その人の得意分野を探して、生かすようにすれば組織の中でも活躍できる機会があるでしょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ