どうしてそんなにチヤホヤされたいの?演技性パーソナリティ障害かも!

あの人はどうして、あんなに目立ちたがるの?そんな嘘を言わなければトラブルにならないのに、というような人が身の回りにいる時には注意が必要です。

ただの目立ちたがりならよいのですが、常に自分が周りから注目されたいので演技をしているのではないかと感じるような行動をします。

これは、「演技性パーソナリティ障害」の可能性がありますよ。これは、精神疾患なので病院での治療が必要になります。今回は、この演技性パーソナリティ障害について調べました。

演技性パーソナリティ障害は何?常に自分が中心!

演技性パーソナリティ障害とは、いつも自分がみんなの中心で目だっていたいという気持ちがとても強いのです。それは、本当の自分にはないという虚しさから起きている時もあります。

嘘をついてでも、周りの人の関心を得ようとします。ところが、それらの行動を起しても自分の希望がかなわない時には、ストレスを溜めて抑うつ状態になる時やアルコールに依存する時もあります。

このような状態が常に続くので本人はもちろんの事、周囲の人もいつも振り回されて困っているというケースが多く見られています。

主な症状とは?

これはあくまでも演技性パーソナリティ障害の方に多く見られる症状になります。これだけで、判断出きるというものでは無いので注意して下さい。

  • いつも周りの注目をあびたがる
  • 望みどおりの結果が得られないと、機嫌が悪くなる
  • 人からどのように見られるかを、異常に気にする
  • 自分の都合で嘘をつく
  • 感情が不安定になりやすい

治療方法は?薬とカウンセリングを状況に合わせて!

演技性パーソナリティ障害治療は、薬だけによる治療では効果が得られないので状況に合わせた薬物治療と精神治療の両方が必要になります。基本は外来での治療になります。

演技性パーソナリティ障害の患者さんは、行動で周りの人との関係が上手くいかなくなるだけではなく、振り回して巻き込んでしまう事が多いのです。その為に、治療の対症に家族も入れて行なわれる時があります。

もし患者さんがうつ状態になって、自殺を考えるようになった時には病院へ入院をして治療をして心身ともに休める必要があります。

薬物治療とは?

演技性パーソナリティ障害の薬物治療では、辛い症状を少しでも楽にする為に使われます。その為、状況で必要な薬剤を正しい判断で処方されます。

  • 抗うつ剤は、うつ状態に対応してつかわれる
  • 抗不安薬は、効果が高いのですが長期使用は問題があるので頓服での使用が多いです
  • 睡眠薬は、リスクが高いので注意が必要です
  • 抗精神病薬は、気分の安定に効果があり副作用の少ないものが中心に使われてます
  • 気分安定薬は、情緒不安定の時に使われます

精神治療とは?

治療で患者さんの本当に内面にあるものが何なのか目を向ける事が大事になります。時間をかけて、本当の自分を見つけて自覚出来てトラブル無く生活していけるようにする事が目標になります。

治療にすすめる為の接し方は?貴方の為と伝える!

演技性パーソナリティ障害ご本人が、自分から病院を訪れる事は少ないです。だからといって、無理やりに連れて行くような事はしないで下さい。

まず大事な事は、ご本人に自覚させる事になります。そしてポイントは、「貴方の為に、その苦しみが楽にるように病院へ行く事が必要よ」と一緒に寄り添うように対応をして勧めてく
ださい。

それでも、拒否された時にはまずはご家族が病院で相談の為に受診をして専門の先生に相談する事も出来ますのでお薦めします。

専門医への相談を!

ご家族や周りの人は、振り回される事もよくある事なので1人で悩んだり家族の中で何とかしようと悩んだりせずに専門医に相談して下さい。

家族や友人の接し方は?外見以外を褒めて!

演技性パーソナリティ障害の患者さんは、外見では自信に満ちていてとても素敵に見える時がよくあります。残念なのですが、これは逆で自分の本当の内面が分からないのでその事を埋める為に行なわれています。

ですから、自分の行動や言動を批判されるとストレスからうつ状態になる事もあるのでけっして患者さんのする事に対して悪い評価や否定するような言い方はしないで下さい。

患者さんの状態によって接し方に違いがあるので、分からない時などは専門医で相談をしたうえで正しい対応が出来るようにして下さい。

相手を批判しない!

こちらから見ると、「それは今の状況でおかしいでしょう」と感じる事も多くありますがけっしてそのまま言わないで下さい。「こうしたほうがもっと素敵よ」のような言い方にして下さい。

外見以外を褒めて!

演技性パーソナリティ障害の患者さんは、自分の内面にある本当の魅力に気がついていない方が多いのです。ですから、内面的にある長所を褒めたあげましょう。

本当に演技性パーソナリティ障害?合併症もあります!

演技性パーソナリティ障害は、他のパーソナリティ障害と症状が混ざっている時もよくあります。また、似た症状のものもあります。そして、併発しやすい疾患もいくつかあります。

演技性パーソナリティ障害の診断を正しくだす為には、これらの事を医師による正しい判断により診断をだされる事が治療をする為にも大きなポイントになります。

境界性パーソナリティ障害とは!

若い女性に多い点と、大げさな行動で周りを引きつけようとするところが目立つという点が似て併発しやすい疾患になります。ただ、比べると自傷行為が多くあります。

転換性障害!

身体表現性障害のひとつで、四肢の麻痺や筋力の低下等が見られます。検査をしても、身体に原因が認められないので仮病ではないかと疑われる時もあります。精神的なストレス等から、発症しています。これも、併発しやすい疾患です。

まとめ

今回は演技性パーソナリティ障害について、症状や治療方法そして治療を進める為の周りの人の接し方、合併症になりやすい病気について紹介しました。

演技性パーソナリティ障害は、周りの人に不快感を与える事も人間関係にトラブルもよくあります。反面ご本人も、苦しんでいる状態でもあります。

精神疾患なので専門家の治療が必須です。ご家族だけでの対応は無理なので、必ず病院への受診をご家族でして下さい。分からない時には、罹りつけの病院や自治体、保健所等でも適した所を紹介してもらえます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ