子どもがACに!過去に受けた辛い思いを子供に対して行ってはいけない理由は?

アダルトチルドレンというワードを聞いてほとんどの方はこのように考えると思います。大人なのに行動が子供っぽい人なのかと。しかし、本当は全く違うのです。

これは心に深い傷を負ってしまった為に心を閉ざしたまま成長してしまったのです。これは、幼少期に親などから力による暴力による身体的被害、子供の存在を否定する精神的被害等を受け、自分の意思や行動を抑制した結果、大人になっても過去の恐怖から逃げ心を開けないでいる心の病なのです。

このような人が自分の子供を持った時

それはどのような行動をとってしまうのでしょうか?まず、身体的被害経験がある方は子供に対しても暴力にて制圧しようとします。言う事を聞かないからとか、お前が悪いのだからとなんでも暴力にて解決する傾向が出てしまいます。

次に精神的被害を受けた経験がある方も子供に対して自身の過去と同じ様な扱いをしてしまいます。何も言ったり行動出来ない赤ちゃんの頃はとても可愛がったりしますが、反抗的な言葉や行動を取るようになると言葉により制圧したりします。

お前が産まれてこなければなどと自身の子供が居ない方が良かったと罵声を浴びせる事も出てきます。幼少期、親から虐待を受けた人は自身も親になった時同じ事をしてしまうのです。

これが家系で連鎖していく可能性があるのです。

虐待の連鎖を止める方法は?

それは自身の幼少期を思い出す事が大切なのです。万が一自身の子供にも同じ様な事をしてしまったら自身が幼少期に感じた嫌な事を思い出すのです。

暴力や言葉による痛みをよく知っているのは過去に同じ経験をした自分自身なのです。あの時どうしてこんな事されたんだろうとか悪い事してないのにと自身も幼少期に思い悩み続けたはずです。

それと同じ思いを子供もしているのです。目の前で苦しんでいる子供は自分の幼少期と同じじゃないかと気づいてください。過去に経験した辛い事を消す事は不可能なのです。

しかし、その辛い経験を子供に対して行っていてはその子供も孫に対して同じ事を繰り返してしまいます。この連鎖を止めるには自分の子供に対したっぷりの愛情を注ぐ事が大事です。

子供に産まれてきてくれてありがとうと言う気持ちを伝えていれば連鎖を止める事が出来ます。愛情があれば自然と虐待も無くなっていくものなのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ