自己評価の低さは呪縛で病気のもと!?解放されるための5つの方法

アダルトチルドレンの特徴として非常に多くの方が抱える「自己評価の低さ」という問題があります。

自己評価の低さを問題として感じないばかりか、心地よさを感じたり、身を任せていると、ゆくゆくは精神疾患という立派な病気に成長していく危険性がとても高い大きな問題でもあります。

どんな危険性をはらんだ問題があるのか?そして、その呪縛から解放されるために自分ができる事は、どんな事なのか?を5つの項目に分けて紹介していきます。

呪縛1.自己評価が低いと思っていない

自分は違う、自己評価が低いなんてありえない。実は、そう思い込んでいる人ほど危険かもしれません。

自分では気がつかないという呪縛

自己評価が低い人は、自分以外の人の方が自分より何でもできて、全てのものを持っている。と信じているため、無意識に他人と自分を比較して、自分が劣る部分を探し、劣っている事で安心感を得ようとします。

ですから、自分から「こんな自分は自己評価が低いのかもしれない?」と自発的に気がつこうとする事は、自分から安心の種を奪うようなものであるため、無意識のレベルでストップがかかる事がほとんどです。

さらに他人の目から見ると分かりやすいため「自己評価が低すぎるのでは?」「もっと正当に自分を評価してあげては?」と思って伝えてみても必ず、絶対と言っていいくらい否定します。

「いえいえ、私なんて」そんなフレーズが心からの言葉として常に出てくる人は要注意です!アダルトチルドレンの呪縛が自己評価の低い自分のままでいさせようと無意識に邪魔をしている証拠だからです。

解放されるために自分ができる事

言葉で言ってしまうととても簡単なこと、それは自分が自己評価の低い人間だと「自覚する事」です。そんな簡単な事で!と一見しただけで笑い飛ばさないでください。実は「自覚する事」を実行するのは案外難しいものです。

普段、無意識にやっている自分の言動や行動を意識的に観察し判定していかなくては自覚できません。ですから、途中で疲れたり、辛くなったり、苦しくなったりします。自己評価が低いという呪縛から解放されるためには、まず最初に問題の本質の部分である自分が自己評価の低い人間だと自覚する必要があるのです。

呪縛2.他人の指示がないと身動きが取れない

普段から語尾をハッキリと言い切れずに疑問符がつく話し方をする人、念のために事後の報告、連絡、相談をするのが好きな人、そんな人は怪しいです。

自分の意思で動けないという呪縛

普通に出勤したり、登校したり生活できているのに自分の意思で動けないという意味が分からない。と思われるかもしれません。出勤する事、登校する事は最初から「しなくてはいけない事」というカテゴリーに入っているだけの事です。

自己評価の低い人に、あなたは本当に自分から出勤(登校)したいのですか?と聞いたら「わかりません」と答える人が多いのではないでしょうか。

職場などで、いちいち報告、連絡、相談を上司に持ちかけ、遂には「その位は自分で判断して!」と上司から言われると、今度は自分で判断してやってみたけれど、やっぱり自信がなくて事後報告して叱られ、仕事を任せてもらえなくなってしまう…。

友人との会話の中でも「私って○○でしょう?」「普通、そう思うよね?」など常に語尾が疑問形でありつつも、同意を求めるような話し方をするために、面倒臭いかまってちゃんだと思われがちで疎遠になってしまう…。

自己評価が低い人は、自分に自信がありません。ですから「それは自分にしか分からない事」の判断を無意識のうちに他人に委ねようとします。それが、自分の意思で動けないという呪縛です。

解放されるために自分ができる事

本来「しなくてはいけない事」は誰が決めたのでしょうか?それは、自分自身です。会社や学校、親兄弟、上司、友人の誰でもないのです。「しなくてはいけない事」は「しなくても良い事」にいつでも自分が変更できる事です。

つまり自分の行動は全て自分で決める事ができるのです。そんな当たり前の事、と思うかもしれませんが、実際にやってみると案外難しく、困る事がたくさん出てくるでしょう。

なぜなら、今まではトラブルや不都合な事があったとしても「自分以外の誰かが決めたことを、しなくてはいけないからやっていた。」という言い訳ができたのですが、自分が決めた事をやると、その行動の責任は自分が取らなくてはいけなくなってしまうからです。

しかし、それが自分の意思で動くという事なのです。

呪縛3.他人の暗示にかかりやすい

「詐欺にあった。」「マインドコントロールを受けた。」というニュースや話題がありますが、自分なんて、相手にもされない。そう思ったら、とっても危険です。

他人から騙されやすいという呪縛

「こんな自分を頼ってくれた」から始まり「何とかして力になってあげたい」と思う事はよくありますが、自己評価が低い人は「何とかして」ではなく「何としてでも役に立ちたい」と思い込んでしまいがちです。

普通は自分が他人のためにできる事の限界を理解して、自分の力量以上の事を請け負うなんていう事はしません。ですが、アダルトチルドレンの呪縛にかかっている人の多くは、自分の限界や自分と他人との境目のラインが見えなくなっています。

どんどん自分と自分を頼ってくる他人との境目がなくなっていき、他人の問題がいつの間にか自分の問題にすり替わっています。さらに自分の限界を超えていたとしても、そのラインさえも見えなくなってしまいます。

今は詐欺やマインドコントロールという大事件とは無縁でも「お店で商品を勧められると断れない」「パシリにされやすい」「誰かが休むと必ず代理で働く羽目になってしまう」と嘆いている人は、いつか大変な事に巻き込まれてしまう危険性があり注意が必要です。

解放されるために自分ができる事

とにもかくにも、自分の限界、自分と他人との境目を常に意識する事が必要です。ですが、これは、かなりの難問ではありませんか?

自分の限界は死ぬことではありません。自己評価が低い人は、最低ラインを生きるか死ぬかという究極の所にまで下げている事が珍しくないからです。そして、自分と他人の間にある境目を意識する事は、誰も受け入れない事ではありません。

自己評価が低い事によって、一つ断れば嫌われて、全ての関係がゼロになる。と思ってしまいがちだからです。自分の限界や他人との境界を意識しながら、他人とつながっていく事。それはアダルトチルドレンにとって永遠のテーマとも言えるでしょう。

呪縛4.我慢しすぎて取り返しのつかない大爆発を起こしてしまう

自分は言いたい事を言ってキレまくっているから大丈夫、自己評価は低くない。そう思った人はちょっと待ってください。

人間関係がうまく行かないという呪縛

「こんなに簡単な事がどうしてできないの?」「普通、常識でしょう!」そんな風に相手を責め立てキレまくる姿からは、一見、自信があって今まで出てきた呪縛とは真逆の存在のように見えるかもしれません。

ですが「こんな簡単な事」や「普通、常識」って何が基準でしょうか?「自分自身」が基準になっている事を認識しているでしょうか?自己評価が低い人は、自分を基準として「自分が最低ラインの人間だ。」と常に思っています。ですから、そんな最低ライン以下の存在なんて到底認めるわけにはいきません。

それに、自己評価が低い人の奥底には「自分が最低ライン」であれば、周りは上の人ばかり。誰かを頼って、指示されて、自分はそれに従って生きているのが楽という考えが存在します。

そして自分より上の人たちに対して無意識のうちに自分を押し殺し、気を使い我慢を重ねる毎日のストレスなどが整理整頓できないままに、自分よりも下と認識した相手に対して大爆発という形で噴出してしまいます。

その結果「怖い人」「一匹狼」など恐れられ陰口を言われながら孤独に陥ってしまい、いつも人間関係がうまく行かないという呪縛にかかってしまうのです。

解放されるために自分ができる事

本当は、自分を適正に評価する力はあるのに、そこに目を向けまいとしていませんか。誰かの事を自分より下だと認識してしまった時点で自分が最低ラインではないという現実を受け止めなくてはなりません。

そして、自分の評価の修正をする必要があります。その作業を繰り返していく内に周囲の評価と自己評価は近づき、人間関係をこじらせてしまう事も少なくなるでしょう。

呪縛5.気がつけば、病的に何かに頼っている

自己評価の低さに気づかないまま突き進んで行くと、行き着くところは、精神的な疾患なのです。

    <病気という究極の呪縛>

  • アルコール依存症:職場で嫌われないために、常に笑顔でいる事に疲れ、ストレスで眠れない。お酒を飲んでゆっくり眠ろう。と繰り返している内に、飲酒量や飲む頻度が増えていく。
  • 薬物依存症:今回の仕事で、もっともっと良い結果を出すために時間が足りない、眠らずにいられる体が欲しい。そんな時にスッキリする薬を手に入れた。
  • 共依存:夫が依存症になってしまったのは、私が至らなかったせい。もっと頑張って支えていたら。と、依存症の夫を支え続けるために身を粉にして1日中働き続ける。
  • うつ病:もう誰とも話したくないし関わりたくない。このまま自分が消え去ってしまったら良い。どうせ自分がいなくても誰も困らないし、迷惑をかけるほどの存在でもない。

依存症やうつ病の人から良く聞く話をあげてみました。どれも誰かからの良い評価を求めたり、期待した評価が得られなかった事が理由です。これは、究極の呪縛にかかってしまった結果とも言えます。

どうすれば解放されるのでしょう?

最終的に、自己評価が低いということは、高すぎる理想を追い求めるが故に必要以上に自分に対して厳しい評価を下しているということです。一度、謙虚な気持ちで自分を見つめ直してみましょう。

等身大の自分をきちんと見つめる事で、今まで押し殺してきた奥底に隠れている本当の自分の声が少しずつ聞こえてくるはずです。もしも、既に依存症やうつ病などの兆候が見られるのであれば、きちんと専門機関に相談して治療を開始するしかありません。

できれば、それ以前に本当の自分に気づき、自立して生きていく事を選択できるのが理想です。

まとめ

自己評価が低い人という事が、普段の生きづらさの原因や病気の原因になっている事を少しでも伝える事が出来たでしょうか?

アダルトチルドレンが抱える多くの問題は複雑に絡み合いながら存在します。絡み合った一つ一つの問題を自分の力でゆっくりと丁寧に解いていく作業が何よりも大切です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ