アダルトチルドレンが世代連鎖を断ち切って子育てをするには?

アダルトチルドレンは、機能不全家族によって作り出されます。そして親から子供へと、世代連鎖してしまいます。

なぜなら私たちは、気がつかないうちに親の行動や言葉に大きな影響を受けているからです。そして自分でも無意識のうちに、自分の親と同じことを子供にしてしまうのです。

自分が親から引き継いでしまった歪んだ考え方に、子供を閉じ込めようとするのです。この負の連鎖を自分で終わりにするには。どうしたらよいかを、考えていきます。

自分がアダルトチルドレンであることを自覚する

アダルトチルドレンの人は、まずは自分がアダルトチルドレンであることを自覚することが必要です。そうすることで、自分のことを第3者の目線で客観的に見ることができるからです。

第3者として見られるようになることで、見えてくる世界が広がります。視野が広がることで、自分自身も子供も、狭い価値観で追い詰めてしまうことを防ぐことが出来ます。

しかし、自分がアダルトチルドレンである事を認めずに「しつけであった」「親が自分を思ってやってくれた」と思い続ける限り、自分も同じような事を子供にしてしまうのです。

辛くて寂しい気持ちをごまかさずに向き合い続けることが、親子の世代連鎖をたちきるために必要なことでしょう。

自分の感情を大切にする

アダルトチルドレンの人は、まずは自分の感情を大切にすることから始めましょう。アダルトチルドレンは、幼いときから考えること、自分の考えを主張すること、気持ちを表現することを禁じられてきました。

まずは、自分の一つ一つの気持ちを大切にしましょう。子供は、親から見て学ぶことが多いです。親が自分の人生を大切にしている、そのための前向きな努力や工夫をする姿勢を見せることが、子供の生き方や価値観に大きな影響を与えます。

自分を大切にする生き方を日々見せることで、世代連鎖は防ぐことができるはずです。

自分の人生は、自分のものである

アダルトチルドレンの親は、子供に対して過干渉や保護、過度の期待や支配をしてきます。子供は、親に見放されると生きていけないため、親の期待通りに振る舞うために自分の心に蓋をして嘘をつきます。

親の評価を基準にして行動し、自分で考えるのを止めてしまいます。自分で何も考えないまま大人になると、自主性のない人間になってしまうのです。

しかし、それでは自立した社会生活を送ることはできません。そうならないように、子供の心を親が支配してはいけません

子供の人生は子供自身でで責任をとれるように、親子の境界線は守りましょう。そして子供が助けを必要とするまでは、そうっと見守ることが大切です。

子供が、自分の人生をしっかりと生きていくためには、まず最初は親も自分の気持ちを大切にして、自分の人生を歩んでいくことが大切です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ