アダルトチルドレンの苦しさって?抜け出すにはどうすればいい?

アダルトチルドレンは健康な家族の機能を果たしていない「機能不全家族」の中で育った人のことを言います。アダルトチルドレンの人はたくさんの生きづらさを抱えて苦しむことが多いです。ですが、「自分はアダルトチルドレンかもしれない……」と気づくことが実はアダルトチルドレンの自分から抜け出すきっかけになります。

アダルトチルドレンって?未成熟な成人って本当?

嗜癖を持つ親、虐待する親、機能不全家族などのもとで育ち、なんらかのトラウマを負ったと考えられる人のことをアダルトチルドレンと呼びます。社会的に大人として生きている現実に生きづらさをおぼえている人のことであり、未成熟な成人・大人というのは間違った認識です。

アダルトチルドレンの概念とは?発祥地はどこ?

アダルトチルドレンという言葉はもともとアメリカで生まれたものです。アルコール依存症患者の親を持って成人に達した人たちに、いくつかの共通点があることに気づき、彼らをAdultChildrenofAlocoholic(アダルトチルドレンオブアルコホリック)と呼んだのが起源とされています。略されてACと言われるようになりました。

嗜癖ってなに?中毒とどう違うの?

たとえば仕事や運動は、人間の生活の中でふつう「良いこと」です。しかし、仕事ばかり、運動ばかりやっているとなると、これはどうでしょう。やりすぎて心も身体も害している、本人だけでなく周りの人も迷惑している、となるとこれは、ただ「良いこと」と考えて済ますわけにはいきません。

あげくの果てには、それをやめていると本人は落ち着いていられず、精神的におかしくなって周囲に迷惑をかけるとなると、これは病気です。この場合は、仕事や運動も嗜癖の対象と考えられます。嗜癖とは「有害な習慣」ですから、中毒と違ってそれを行う本人の意志がどこかで関係しています。

嗜癖の具体的な例は?

摂食障害、ワーカホリック、ネット・ゲーム依存、買い物依存、窃盗癖、痴漢行為など幅広い問題行動が含まれています。

虐待とは?具体的な例って?

立場を利用して、相手をいじめたり、おとしめたりして、相手の主体をそこなわせることを虐待といいます。

虐待のいろいろなパターン

虐待というと、すぐ「殴る・蹴る」という行為が思い浮かぶかもしれませんが、「殴る・蹴る」に代表される身体的虐待のほかに、心理的虐待、精神的虐待、情緒的虐待、経済的虐待(金銭的虐待)、性的虐待(性虐待)、ネグレクトなどがあります。

また「殴る・蹴る」という形の虐待の底辺にも、なぐられた痛みによる損害もさることながら、殴られたことによって心が痛み、主体がふみにじられる精神的虐待がひそんでいます。

機能不全家族とは?機能している家族ってどんな家?

機能不全家族とは、子どもが家で安心できず、また安全の守られない状態にある家族です。そのような家庭では、子どもの成長はさまざまな面で阻害され、自らを守るために病的な反応を起こすことも多くなります。

機能不全家族の特徴は?

    <機能不全家族の特徴>

  • 非合理的なルールが強固に維持されている
  • 親子関係の逆転(子どもが親の世話をする等)がある
  • 家族に共有されている秘密がある
  • 家族に他人が入り込むことへの抵抗が大きい
  • 家族の成員にプライバシーがなく、個人のあいだの境界があいまいである
  • 家族への忠誠が強いられていて、家族から去ることが許されていない
  • 家族のあいだの葛藤は否認され、無視されている
  • 変化に抵抗する
  • 家族は分断され、統一性がない

反対に機能している家族の中では、子どもは安全であり、十分な発達を見守ることができる家族です。常に開かれていて、子どもにとって基地としての役割を果たします。

機能している家族の特徴は?

    <機能している家族の特徴>

  • 親子それぞれの世代境界を守るなどの基本的なルールはあるが、柔軟に運営されている
  • 親世代が親として機能し、子世代は親の機能を受け入れる。役割分担が明確で迷いがない
  • 家族に共有されている秘密がない
  • 家族に他人が入ることを許容する
  • 親にも子どもにも笑顔がある
  • 家族成員はそれぞれのプライバシーを尊重され、自己という感覚を発達させている
  • 個々の家族成員は家族であるとの所属感覚を持つが、家族から去ることも自由である
  • 家族成員間の葛藤はあって当然で、解決が試みられる
  • 常に変化し続ける
  • 家族に一体感がある

アダルトチルドレンには誰でも当てはまる?抜け出すには?

アダルトチルドレンは医学用語ではありません。本来は「生きづらさを抱えている人がその根本的な原因を理解するために持つ自覚」です。

機能不全家族の項目を読んで私にも当てはまる……と感じる人も多いはず。多かれ少なかれどんな家にも問題があるからです。もし問題が多いようであれば、解決に向けて考えてみることが必要です。

自覚するとどうなるの?

自分の感情や行動パターンを自覚することで、自分自身と向き合い、変化できるようになります。苦しみから抜け出し、社会に適応していけるように自分を変えていくことが可能になります。

苦しみから解放されるには?

家庭が原因と気づき、自覚して自分を解放することが必要です。自己は何歳になっても成長します。自己肯定感を自分に与え、少し楽になると他人と付き合うことも楽になり、自己肯定感が上がります。こうして苦しみから少しずつ解放されることができます。

考えすぎないことも大事

ずっと「苦しい、苦しい」と思い続けても苦しいのは変わりません。苦しさの根本にたどり着いたら、そこからどうやって離れるか・自分の考え方を変えるかが大事です。

自己確立が出来ると、自分は自分で大丈夫だ、と思え、そして他者を受け入れることができます。自分と他者の違いを受け入れることも可能になります。

アダルトチルドレンから抜け出す方法とは?

嗜癖を持つ親、虐待する親、機能不全家族などのもとで育ち、なんらかのトラウマを負ったと考えられる人がアダルトチルドレンです。自分の生い立ちを自覚することから解決に向かうことができます。

ですが一口にアダルトチルドレンと言ってもこれまで書いてきたようにたくさんのケースがあります。ですから解決する方法も人によってばらばらです。過去は過去と割り切って、今からどうして生きていくか考えることがアダルトチルドレンから抜け出す方法です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ