両親の暴力でアダルトチルドレンになってしまった 31歳 男性 S.F.さん

私は子供の頃に親から暴力を受けていましたが、父親からだけではなく母親からも酷い暴力を受けていて、あざができないように平手打ちで何回も叩かれていたのです。

今思えば機能不全家族だったのです。そして、父親は仕事から帰ってくると毎日のように私に暴力を振るい、私を叩いた後はすごくスッキリした顔をし笑っているときもありました。仕事で溜まったストレスを私を叩くことで解消していたようです。また、ある時は誰かの名前を叫びながら私を叩いていたこともあったのです。

小学生の時に家出をしたけど

小学生になったばかりのとき、父親のストレス解消の道具として生まれてきたのかと思うようになり、家出を試みたこともありました。ですが、すぐに連れ戻されてしまい、酷い仕打ちを受けたこともありました。

母親は妹の育児でストレスを溜めていたようで、いつも私に物を投げつけてきたり、父親と同じように平手打ちをしてくることもありました。だけど、父親がいるときは暴力を振るってくることはありませんでした。妹は私のようになってほしくないと思っていました。でも、夜泣きをしたときは平手打ちを受けていることがあり、妹が叩かれるたびに私は泣いていました。

こうした暴力が小学6年生まで続いていました。そして、1度傷ついてしまった心は元に戻ることはなく、そのまま成長して今はアダルトチルドレンになっているのです。

両親と離れて暮らすようになり

今は両親と離れて暮らしているので毎日が楽しいのです。しかし、たまに実家に帰るときは子供の頃の暴力を思い出してしまい、両親とあまり会話をすることもなく心苦しくなってすぐに帰ってしまいます。

そして2年くらい前に友人から指摘を受けて、自分がアダルトチルドレンだと気が付きました。私が家庭を持つようになったら、両親と同じことを繰り返さないようにしたいのです。でも、私には今はまだ自信がありません。

家庭を持つようになるまでは時間がかかりそうです。なぜなら、自分や子供のためにもアダルトチルドレンを克服してからのほうが良いと思うからです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ