親のしつけが厳し過ぎてアダルトチルドレンに 26歳 女性 F.Sさん

人を中々受け入れられない私は、自分のことが気になったのでネットで調べてみたところ、アダルトチルドレンの特徴にあてはまることが多くあったので、アダルトチルドレンのチェックを試みました。

するとアダルトチルドレンである確率が90%という結果が出たため、克服しようと思い、子供時代の家庭環境や親の厳しさなどを振り返り、しっかり向き合ったことで克服することができました。

子供時代の体験

今では人を受け入れるのが安易にできるようになり、生き辛さを感じることがほとんどなくなりましたが、子供時代の体験は忘れることができません。私が子供の頃は両親がすごく厳しくて、その厳しさに押さえつけられていましたが、厳しいということには、両親が勝手に決めたルールがあります。

小学校から帰ってくると、宿題をするのは当然のことだったので、まずは宿題や次の日の持ち物を用意せいておきましたが、それが終わると休む間もなく寝る間でお手伝いを強制的にやらされていました。友達と遊ぶこともできなければ、テレビを見ることもできなかったし、家庭教師を呼んで無理やり勉強させられることもあったのです。

両親の操り人形だった自分

小学生の高学年になると、親が勝手に決めた習いごとをさせられていましたし、風邪をひいても無理して習いごとをさせられたこともありました。最初の頃は意見や考えを言えていたのですが、だんだん言えなくなってしまい、最終的には返事しかできなくなりました。

全ては私のためだと言って強要していましたが、私を一人の人間として見ているのではなく、両親が満足するための操り人形だったと思います。当時も辛かったのですが、大人になってからも辛い日々が続きました。

私はアダルトチルドレンを克服することができましたが、まだ克服できていない人は、今という時間が過ぎていくのが勿体無いので、早くアダルトチルドレンを克服できるように頑張って下さい。私が親になったときは、あまり厳しくない優しい親になりたいと思っています。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ