レベルの低い愛の連鎖 K・Rさん 女性 31歳

子供を愛していないわけではありません。ただ愛のレベルが低いのです。

そう思えたのは最近のことです。母親の愛に飢えていた30年間を振り返ると愛がなかったわけではない、と気づくのです。

虐待された子供の感情

虐待された子供はなぜ自分は愛されないのか?なんでこんなに自分は駄目なんだろう。と否定的感情を肯定します。満たされなかった想い、認めてもらえなかったと思うような出来事、駄目な子だから叩かれるんだ、そう思うようになるのです。頑張らなければ愛されないと思ってしまうのも特徴です。

もっと愛されるには・・・もっとたくさん、いっぱい、多くを・・・と求めるのです。止められません。子供には愛が、自分自身がこの世に存在していいんだという一番基本的な愛が必要なのです。

その存在価値を求めて、傷ついた子供たちは様々な方法で満たそうとします。恋人に求めたり、お金に求めたり、勉強で埋めたり、友人や子供に求めたりもします。しかし、もっとたくさんいっぱいの愛を希望通り受け取ることができる人は少ないのです。

だから頑張るのです。誰かに何かに満たしてほしいと願っている限り、頑張るしかないと思っているのです。飢えたまま大人になっていくと、頑張ることが当たり前になっていく危険があります。自分はもう疲れきっているのに、止められません。自分が傷ついている事もわからなくなってしまうのです。そして傷ついた自分への手当ての方法もわかりません。

自分をさらに傷つけるのか、自分は傷ついてなどいないと見ないふりをするのか、相手を傷つけるのか、もしくは傷つかないように頑張るのかもしれません。どの方法もレベルの低い愛だといえるのです。

レベルの低い愛が連鎖する

母親からレベルの低い愛を受け取って育った子供は、レベルの低い愛を自分にも夫や子供にも与えることになるのです。大人になり自分が親になると、勝手に期待を押し付けて子供をありのまま受け入れ認めていないという事に気づきます。

また、自分自身にも理想の母親像を押し付けているものです。自分があれだけありのままの存在価値を認めてもらうことを望んできたのに、子供にも同じ想いをさせてしまうことになるのです。こんなにも子供を愛しているのにです。そしてまた、なぜ自分は愛せないのか?なんでこんなに自分は駄目なんだろう。と思うのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ