毒親とは離れるしか。しかし努力しなければ自分自身も毒親に 女性 29歳 E.M.さん

近年、「毒親」という言葉が話題になっています。芸能人でも過去の親子関係、家庭環境に悩まされたとカミングアウトしている方も増えてきました。

しかしこういったことは芸能人だけに限ったことではありません。一般人のなかでも気付いていないだけで毒親に精神を侵されていることが多数あります。そんな毒親から解放されるために対処していきましょう。

毒親の特徴は?どんなことをしているの?

まず毒親とはその名前の通り子供にとって悪影響を及ぼす親のことです。

子供を支配しようと親の価値観を押し付けたり子供の考えを認めようとしません。また、子供を幸せに、正しい道に導いていると考えているため自分が子供の毒になっていることに気が付くことはありません。

その割には子供より自分の利益や都合優先で、子供の幸せに嫉妬したり自分より幸せになることを徹底的に阻止しようとします。

私が母親にされたこと~生まれてから社会人になるまで~

私の場合、母親が毒親でした。父親は大手電機メーカー勤務で私が高校生の頃には役員も務めたほど仕事人間です。

あとは弟が一人いました。私は幼少期からクラシックバレエを習い、外から見れば比較的裕福な家庭環境だったと思います。しかし、内情はまったく違いました。

母は毎日毎日「お金がない」と口癖のようにように言い、自分がブランド品を購入するのを棚に上げ、「女の子なんか生むんじゃなかった、金食い虫でしかない」と言われ続けました。

弟と同じことをしても私は叱られ弟は誉められ、好きな歌手や芸能人でさえ母と同じでなければ馬鹿にされます。そんな生活が大学卒業まで続きました。

私が母親にされたこと~社会人から結婚~

社会人になると同時に一人暮らしを始めました。

ほとんど連絡も取らず、年1回帰るかどうかの関係になりだいぶ楽になりました。数年後、結婚が決まりました。相手は開業医の息子で将来は病院を継ぐ予定になっています。専業主婦になること、マンションはすでに都内に購入済みでローン、借金もないことなど経済的には恵まれた相手でした。

もちろん相性が一番だったので結婚を決めたのですが、また毒親が発揮されました。私が幸せになることが許せなかったのでしょう。相手の年齢や容姿に難癖をつけ、ご両親を貶し、一時は婚約破棄までしそうになりました。

幸い義父が素晴らしい方だったので丸く収め結婚することはできましたが、実家との関係は絶つことにしました。

毒親から逃れるためには距離を取るしかない

結婚式の後は全く連絡を取っていません。1年後に子供にも恵まれましたが、会わせていないどころか産まれたことも知らせていません。

たまに恨み言の連絡が入りますがもちろん無視しています。実の親相手にひどいことをしているのではないかと悩んだこともあります。しかし、一番大事なのは自分の夫であり子供です。

母親は負担でありお荷物でしかありません。毒親をお持ちの方は自分にとって何が必要で何が不要なのか冷静に考えるべきです。毒親にとって一番大事なのは毒親自身です。ある意味、同じように現在悩んでいる方も自分の一番大事な人やものを優先させて良いのではないでしょうか。

少しでも甘い顔をすると毒親は付け入ってきます。親と子だから分かり合える、後悔していると言われても同じことの繰り返しになるだけです。私は母親と距離を置いて現在家族3人で穏やかに暮らすことができています。

しかし、毒親に育てられた経験から子供に同じことをしないとは限りません。夫には母親との関係は知っているので、私がおかしくなりそうなら遠慮なく言ってほしいと伝えています。

負の連鎖を断ち切るためにはまだまだ努力が必要です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ