幼少期の1人留守番の影響でアダルトチルドレンになる理由は?

アダルトチルドレンになる原因は、親や家庭環境といわれております。アダルトチルドレンとは、子供の成育・成長過程に悪影響を与える親により育った子どもが成長・成人しても継続して精神的に影響を受け続けるという人を言います。

親の子供に対する愛情の提供により、子供は健全な成長を遂げると考えられております。原因はさまざまであり、幼少期に一人で留守番という環境でもアダルトチルドレンの原因となる場合があるようです。

なぜ留守番でアダルトチルドレンになるの?

留守番という時間は、やはり愛情に飢えてしまう時間でありその時間を我慢することで親が誉めるという環境は、我慢することで親が愛情を与えてくれるととらえてしまうようであります。そしてアダルトチルドレンである親からは、子供自体もアダルトチルドレンと連鎖する確率が高い傾向があるようです。

それは無意識に行ってしまうことであります。自身がそれにきづき意識的に改善としない限り、未来永劫的につづくこととなる場合もあるでしょう。

アダルトチルドレンになる一番の原因は「家庭環境」

どのようなことで、アダルトチルドレンが誕生するのかというと、家族内の機能が不全となる環境が原因といえるでしょう。この環境間で育つことで、アダルトチルドレンが誕生とし、そして成人となった現在でも不満やストレスを過剰に感じながら過ごさなければならないという生きづらい環境が続くというわけであります。

親が不在な状態が多い場合や、子供に対する無関心が愛情の希薄を生み出すこととになる場合もあるでしょう。両親の一方的な愛情の提供も原因となる場合があるようです。

愛情は、相手に伝わらなければ真の愛情とは言えないでしょう。周りと同様の愛情を提供としていた場合でも、こども自体がそれを感じなければそれはやはり愛情を満たしているとはいえないのであります。

そういった子供は、他の人より過剰に愛情を求める傾向があります。満たされない愛情を満たすために物や人に依存とするケースも少なくないのであります。

コミュニケーションの時間は関係なく、密度・濃度が大切であります。与える側の愛情が子供に伝わるということが大切なのであります。一緒に過ごす時間の中で、子供の表情がどのようなものなのか子供をよく観察としましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ