アダルトチルドレンの原因~機能不全家族

「機能不全家族」の下で育った子供がアダルトチルドレンに至る原因であると言われています。の機能不全家族について定義を探ってみます。

機能不全家族って何?

機能不全家族は英語でDysfunctional Family、機能が及んでいない家族を指します。家庭がその状態に陥っていることを家族の機能不全と呼びます。元来アダルトチルドレンは、アルコール依存症の親が居る家庭で育ったことが起因とされていましたが、現在ではアルコール依存症以外にも範囲を広げて捉えられています。

例えば、以下の様な状態の家庭を指します。

  • 家族が不仲で喧嘩が絶えない
  • 万引き、窃盗などの不法行為が行われている
  • 身体的な暴力、虐待がある
  • 性的な虐待が行わている
  • 言葉の暴力や、酷い扱いを受けるなどの心理的虐待がある
  • 過度な期待や重圧を子供に与えている
  • 家事や育成の放棄(ネグレクト等)が常態である

具体例としては、以下が挙げられます。

  • 親同士の仲が悪く、普段から喧嘩が絶えなかったり、しょっちゅう誰かの怒りが爆発している
  • 他人や兄弟姉妹と常に比べられたり、えこひいきがあったり、親の期待が大きすぎる
  • 愛がなくて冷めていたり、憎しみに満ちている
  • 親からのあらゆる指示や過度な抑圧がある
  • 過度に子どもを甘やかして溺愛する
  • 他人の目を気にしすぎ、外ヅラの虚飾性に満ちている
  • 常に親が不在で放置されている
  • 親と子どもの役割・関係が逆転している

家庭での愛情が乏しくなると

子育てや家族だんらん、地域社会との関わりといった、本来家庭に存在すべき機能が不足している機能不全家族では、家庭の問題に触れるのはよくない、人を信じてもろくなことはない、問題を直視しない、といった暗黙のルール(共通のルール)があると言われています。そして、子供にとってはその環境が普通だと思い込みます。

幼少期の人格形成がなされる重要な時期に、家庭での愛情が乏しくなり、自分への愛、他人への愛、自尊心、他者への共感、他者の苦しみへの理解などに欠けた人間になりやすくなります。

それによって子どもが”自分を大切にしてはいけない”、”常にリラックスしてはいけない”、”波風を立ててはいけない”、”余計なことは言ってはいけない”ということを学んでしまいます。
その結果、社会との健全な関係を築けない大人「アダルトチルドレン」となるリスクが高まるのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ