どうするのが正解?境界性パーソナリティ障害の自傷行為への対応は?

パーソナリティ障害の中でも、特に境界性パーソナリティ障害に多く見られる自傷行為。リストカットや大量服薬などの行為に振り回され、心身ともに疲れ切っている人は決して少数ではありません。

彼らの実行現場に直面したとき、冷静を保つことは非常に困難です。しかし、繰り返される自傷行為への対応を間違えると、彼らの行為はどんどんエスカレートしていってしまいます。境界性人格障害の人たちの自傷行為に対する正しい対応の仕方を身に付けましょう。

自傷行為とは?境界性パーソナリティ障害にみられる具体例!

自傷行為とは、自分の体をさまざまな方法で意図的に傷つける行為のことを言います。統合失調症などの精神疾患でも見られる症状ではありますが、境界性パーソナリティ障害の人たちが行う自傷行為は、その目的が異なっているのが特徴です。

パーソナリティ障害にみられる自傷行為の例

自傷行為とは、刃物などで自分の体を傷つけるだけとは限りません。境界性パーソナリティ障害で顕著にみられる代表的な自傷行為を紹介します。

<パーソナリティ障害にみられる自傷行為>

  • リストカット・アームカットなど、刃物で自分の体を傷つける
  • 過食・拒食など
  • 薬物の乱用・過剰摂取
  • 不特定多数との性交渉
  • 過度な飲酒
  • 髪を抜く
  • タバコの火を体に押し付ける
  • 自分の体をたたく・殴る
  • 多数のピアスやタトゥー
  • 深爪になるほど爪を噛む
  • 瀉血

どうしてそんなことをするの?自傷行為のメカニズムとは?

精神的に健全な人たちにとって、自ら自分の体を傷つける彼らの行為は理解不能です。なぜ境界性パーソナリティ障害の人たちは自傷行為を繰り返すのでしょうか?

自傷行為の持つ意味

パーソナリティ障害の人たちにとって、自傷行為にはいくつかの意味があります。例えばこのようなことです。

<パーソナリティ障害にとっての自傷行為の意味>

  • 表出できない精神的な苦痛の表現手段
  • あいまいになってしまった「生きていること」を痛みによって再確認する
  • 自分に罰を与える
  • 他者の注目をひく
  • 特定の誰かに向けた攻撃性の代償行為
  • 現実的な問題からの一時的な逃避
  • 快感を得るため

自称行為のメリット

自傷行為は、一度始めるとなかなかやめることができません。行為自体もどんどんエスカレートし、時には生死の境をさまよう事態にまで発展します。そうまでして繰り返される自傷行為にはどのようなメリットがあるのでしょう?

<自傷行為のメリット>

  • 痛みによって分泌される脳内物質による幸福感を得られる
  • 自傷行為によって目の前の「イヤなこと」を一時的に忘れられる
  • 怒りを抱く相手に対して攻撃したような気持ちになれる
  • 言葉にできない辛い感情を表現したような気になれる
  • 自分に注目してもらえる
  • 自分は精神的に傷ついていると気づいてもらえる

自傷行為に対する正しい対応法は?①自傷行為を否定しない!

自傷行為に気付いた場合、なかなか冷静ではいられません。ですが、してはいけないことがあるんです。そのひとつが「自傷行為を否定しないこと」。具体的にはどのように対応したらよいのかを紹介します。

とりあえず落ち着く

自傷行為を発見した場合、いちど冷静になることが不可欠です。精神的に動揺したりパニックになったりしたままで本人と対峙してはいけません

自傷行為をとがめない

パーソナリティ障害の人にとって、自傷行為とは生きていくために不可欠な手段となっています。これ以上精神的なバランスを崩さないために行っているのが自傷行為なのです。つまり、自傷行為は「生きていく」ために行っている行動。それを頭ごなしに叱りつけたりとがめたりすると、彼らから「逃げ場」を奪ってしまうことになります。

理由を聞かない

自傷行為をする理由は、本人の中でも明確になっていないケースも多くあります。尋問のように理由を聞き出そうとすることは、ますます彼らを追い詰めることにつながります。

心配していることを表現する

自傷行為の根本にあるのは「辛い」という気持ちです。辛さの原因は異なるにせよ、本人はとても大きな苦痛の中にいます。そんなときに有効なのは「あなたのことが心配だ」という気持ちを間接的に表現すること。心をこめて傷の手当てをする。なにも聞かずにそっとそばにいる。そんな言葉以外の表現が効果的です。

自傷行為に対する正しい対応法は?②自傷行為を止めさせない!

心配なあまり、自傷行為をやめさせようとするケースは多く見られます。しかし、それはNG。それはどうしてなのでしょう?

やめたくてもやめられない

自傷行為を行っている人は、本心では自傷行為を止めたいと思っています。しかし、さまざまな理由からやめたくてもやめられないのです。「自傷行為はよくないこと」であることは本人が一番わかっています。ですが他にどうしようもないのです。

自傷行為をやめさせることの意味

周囲の人たちにとって、自傷行為をやめさせることは彼らを救うことのように映ります。しかし、本質はその逆。無理にやめさせようとする行為は、彼らにとって唯一ともいえる安息の場所を奪うことに他なりません。これは余計に彼らを苦しめる結果になります。

自傷行為に対する正しい対応法は?③二人の距離を一定に保つ!

自傷行為が顕著な特徴である境界性パーソナリティ障害は、「依存的」という側面も持っています。境界性パーソナリティ障害の人たちにとって、自傷行為は自分に注目を集めるための行為でもあるのです。

熱心に自分に関わってくれる相手は、いわば「ターゲット」と同じ。依存されないためには、二人の間に明確な境界線を引く必要があります。

<距離を保つために必要なこと>

  • 治してあげようと思わない
  • できること・できないことを明確にする
  • 相手が話すまで、自分から聞き出さない
  • 甘やかさない

「一人じゃないよ」を伝える!そばにいてあげる事が一番大事!

パーソナリティ障害の人たちは心の中に深い孤独感を抱えています。自傷行為はそんな心の辛さを埋めるための行為なのです。自傷行為は無理にやめさせようとしても治まりません。彼ら自身も、辛さを誰にどのように表現したらいいのかがわからないからです。

そんな時に大切なのが「あなたは一人ではない」ということを伝えること。「あなたのことが大切だ」という思いをさまざまな形で伝えることが一番効果的です。

ただし、それが押し付けにならないように注意しなければいけません。そのために必要となるのが、「否定しない・やめさせない・適度な距離を保つ」の3つなのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ