べったりした親子関係は依存を巻き起こす?その背景と対処法とは

アダルトチルドレンの人の中に、親と共依存の関係であったり距離感がうまく保てず悩み、いきづらさや離れられない関係を築いてしまっている人が多くいます。

まず自分がアダルトチルドレンであるということを認識したときに、違和感にきづいたり、もっと自由でいいんだという感情は大切にしていきたいですね。

共依存のしがらみ

幼いころから、支配型のもとで育てられた子供は意思決定がしだいに苦手になっていったり、何をするにも人の許可を得てしまうという不自然な行動をとったり、おとなになっても堂々としていないという光景があります。

この背景には、親が子供に依存するケースもあり、言うことをきかせて、自分のおもいどおりにするという支配と勝手ないい子という期待をせおわせています。

息苦しさはそのとき、子供はマヒして親は絶対と思っていればそれがふつうとなり、共依存の体質がかためられていきます。

親の言いなりにならず、自分を大事にする

案外簡単なことのようで、アダルトチルドレンのひとはこれが難しく苦しんでいます。子供のころから、あなたのせいで~できない、もっと~しなさい。

など自分の意思が尊重されない中にいると確実に自尊心が傷つけられ、自分を見失います。反抗ができる環境、強さがあればよいのですが両親ともに助けにならない相手だと自分を大切にいきていくことが難しいため、内にこもったりあきらめてしまったり、できる可能性も失われてしまうことも多いです。

自分を大切に、自分は何がしたいのか相談できる相手がいると心強いです。

共依存になりやすい環境

親が子にべったりしたり、干渉がひどくなることの一つに、夫婦間でコミュニケーションがうまく取れていなかったり、その孤独感や配偶者がわりとして子供を見ていたりすることがよくあります。

たいてい夫婦で共通の趣味があったり価値観のあう夫婦なら、自然と子離れもでき、自分たちの生活も中心にきりかえていくようになるものです。子どももそういった形態に違和感をもったなら自分から親離れをしたり、程よく距離を置くのも自分を大事にできるひとつの手段です。

共依存にべったりひたっている状態のときは気づかないことも多いですが、ちょっと自分の行動を他人とくらべ客観視することや、自己決定の機会を多く持つ環境に身を置くことも大変有効です。

いきづらさも感じますが、アダルトチルドレンを克服するステップです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ