あなたもそうかも?アダルトチルドレンの特徴を3つ説明します!

アダルトチルドレンとは、心に子ども時代の傷を負ったまま成長して大人になった人のことをいいます。その傷は、家族関係や特に親子関係の中で負ったものです。アダルトチルドレンは安心感を持って育つことができませんでした。

アダルトチルドレンは生きにくさを感じています。生きにくいのは、自分がアダルトチルドレンだとわかれば、対処法もわかってきます。アダルトチルドレンの特徴を説明していきます。

どんな人がアダルトチルドレン?その特徴は?

アダルトチルドレンは、子ども時代に心の傷を負った人です。その傷が元で、大人になった今でもさまざまな形で生きにくさとなっています。生きにくさを感じることで、なかなか幸せを感じることができずにいます。アダルトチルドレンの心理的特徴は大きく2つです。

幸せを感じにくい

アダルトチルドレンの特徴は、とにかく幸せを感じることがなかなかできないところです。心に、強い孤独感であったり、虚無感であったり、そういった不快な感覚を持っています。その不快な感覚があることで、自分は不幸なのではないか、と思ってしまうのです。

何かしていないと不安

そのような不快感がいつもあるので、何もしない時間がとても苦痛です。なぜなら、何もしていないと、不快感をより強く感じてしまうからです。そのため、何かの行為に依存したり、強迫的な行動をしてしまったりします。

不安が強いとどうなる?起こるさまざまな問題

アダルトチルドレンは不安が強いので、不安をかき消すための行動をしてしまいます。逆に、不安が強すぎて、何も行動を起こせないという人もいます。不安が強いと、その人の悪い面が出てしまいます。もう1つの特徴は、それに関した依存行為です。

依存行為に没頭する

行動に起こす人の場合は、何かしらの依存行為を行う人が多いです。それは過食や摂食障害といったものであったり、恋愛などで相手に尽くすことを目的にしたり、その行為で自分の頭をいっぱいにします。それによって不安を感じないようにします。その行為を好きかどうかは関係ないのが特徴です。

行動を起こせない場合

行動を起こせない人は、行動に対しての不安が強すぎるため、対人恐怖のようになったり、引きこもったりすることがあります。失敗が怖いというのも特徴です。失敗するともうダメだといったようなことを思っており、それは親に対して「見捨てられ不安」というものを感じてしまった人です。

親の過剰な愛もある?自立心を壊す親の対応

またアダルトチルドレンは、自信を持てないというのも特徴です。自信が持てないのは、十分に世話をしてもらえず、親の愛を感じることができなかった場合もそうですが、親に過剰に世話をされてしまって自分で何もすることができずに、自信を持てないという場合もあります。

なぜ過剰に世話をする?

親の過剰な世話は、親自身が強い不安を抱えていて、子どもを世話することでその不安を解消しようとするためです。自分で何もやらせてもらえないので、自分で何もすることができずに、自信を持てなくなります。

自立心を阻害する

人間には、自分のことは自分でやるという自立心があるため、過剰に世話をされたりするとストレスになります。そのストレスがあっても、「親を怒らせたら、親に捨てられる」という気持ちがあると、自立心を無視することになり、その結果自分に自信を持てなくなります。

親の心理を知れば自分もわかる?アダルトチルドレンの親の特徴

結局、親のおかれている状況や心理が子どもに反映されて、子どもがアダルトチルドレンとなります。親自身も、アダルトチルドレンだったのではないかと思う例もあります。親の心理を知ることで、アダルトチルドレンのこともよくわかる部分があります。

甘えさせるのが下手な親

よくアダルトチルドレンの本の中にある例が、子どもに甘えさせるのが下手だった親です。そういう親に育てられると、人に対しての甘え方を知らずに、本音が言えないなど、自分のことを出すことができなくなります。それによって、自分が本当はどう思っているのかわからなくなってしまいます。

自分のことがわからない?アダルトチルドレンの問題

1番のアダルトチルドレンの特徴は、その、自分が本当はどう思っているのかわからない、ということです。具体的にいえば、自分の好きなもの、嫌いなものがわからない、自分の好きな人がわからない、などです。好き嫌いよりも、不安を消すという自分の必要性から行動するためです。

なぜそんなことをするのかわからない

不安から行動しているために、周りから見れば何でそんなことをしているのかわからないということが起きます。それは依存行為しかり、逃避行為しかり、いつも交際相手がDVする人を選んでしまう人しかりです。その行動の非合理性こそ、アダルトチルドレンの最大の特徴といえるのでないでしょうか。

まとめ

アダルトチルドレンは、不安を感じないように依存行為などをするため、周りから見ると「何でそんなことをしてしまうのだろう」ということをしてしまいがちです。そういった行動がアダルトチルドレンの特徴であり、その行動をすることで、心を安定させているのです

そういった行動をしない人でも、幸せを感じにくかったり、アダルトチルドレンは生きづらさを抱えています。しかし、その行動がアダルトチルドレンにとって意味があるのであり、その行動が生きることを支えているのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ