母に愛されたい欲求の呪縛から逃れることが出来ない 女性 37歳 M.S.さん

周りの人間のほとんどは私のことをただ誰にでも優しいお人好しだと思っていました。

だけど、ある人に「何でいつも笑ってるの?本当に面白くて笑っているとは思えない。何を考えているのか分からなくて気持ちが悪い。」と突然言われショックを受けました。

私は自分がどう思うかより、相手がどう思っているのかを基準に物事を考えるくせがあり、私の意思って何だろう?と考え始めました。

突然バラバラになった家族

私が小学校に上がるまではいたって普通の家庭だったと思います。父と母、13歳年上の姉、そして祖母の5人家族でした。

姉の父親は他界しており、父親違いの姉妹でした。歳の離れた私を可愛がってくれて、本当にどこにでもあるような普通の家庭でした。

ところが突然母が家から居なくなったのです。家の中はバタバタしていて皆暗い顔をしていました。祖母が毎日のように母を探しに出かけていたようでした。

それからしばらくして、母は知らない男の人と家に帰ってきました。酷く酔ったような普通ではない様子で玄関で倒れそうになっていたのを覚えています。

話し合いの結果、結局両親は離婚し、祖母は伯父の家へ、姉は一人暮らしをすることになりました。いつまでも当たり前のようにあると思っていた家族が突然無くなってしまいました。

新しい「お父さん」との生活

私は母に引き取られ、母が連れてきた知らない男の人を「お父さん」と呼ぶ生活が始まりました。私にはお父さんが居るのに、どうして知らない人が突然お父さんになったのかよく分かりませんでした。

何となく疑問を口にしてはいけない気がして、母に言われるままその知らない男の人をお父さんと呼びました。たぶん、私が母に従わなければまた母が何処かに行ってしまうような気がして怖かったのだと思います。

母は優しかったけれど、失踪から戻ってきて以来母との間に微妙な隔たりを感じるというか、私のことを見てくれていない気がして、常に不安を感じるようになりました。

母は毎晩私が寝たのを確認すると決まって外へと呑みに出かけたのです。夜中に一人家に置き去りにされるとまた何処かへ行って帰って来ないのではないかと心配になり、それも私の中の不安を大きくさせた一因だったと思います。

嫌われたくない

しばらくして伯父の所で暮らしていた祖母とまた一緒に暮らすことになりました。別れた父のことはいつも頭の中にありましたが、またすこしづつ家族が戻っていくような気がして嬉しかったことを覚えています。

私の中の不安が無くなることはありませんでした。新しい父は私に対して優しかったものの祖母にはとてもいじわるでした。挨拶も無く、食事も一緒に摂らず、まるで祖母のことを居ない人のように扱いました。

その癖お金の面では祖母を当てにしているようでした。仕事が長続きしなかったようです。

私は祖母の味方をしたかったけど、することが出来ませんでした。母にも新しい父にも嫌われたくなかったからです。いつの間にか人の顔色を伺って行動することが当たり前になっていました。

そんな私を母は要領が良い子だと褒めました。人の意思に沿って行動することが正しいことなのだと思うようになりました。

現在の私

現在大人となった今も自分の意思が取り戻せず悩んでいる最中です。

ある人に言われた一言(冒頭の)が無ければ、結婚し子どもを産まなければ、私は自分の違和感に気付かず母の言う通りにすることが正しいことだと思ったままだったでしょう。

大人になっても母に愛されたいという欲求は無くならず、側に近付けば利用されるだけだと分かっていても母を欲してしまいます。自分が愛情を注がなければならない立場になっても、未だにその呪縛から逃れることができません。

自分のためにも夫や子どもの為にも母を遠ざけた方が良いことは分かっているのに、どうして母を諦めることが出来ないのでしょう。

姉はとっくに母に愛想を尽かし距離を置いています。私と違い姉はいつも自分を見失わない人でした。私もいつか姉のようになれるでしょうか。

自分の夫や子どもの幸せを一番に考えられる人間になりたいです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ