[解説付き]アダルトチルドレンになっていまう原因は母親の接し方!

アダルトチルドレンの原因は母親の接し方にあります。本人だけの問題、本人の心の持ちようの問題、性格の問題・・・といったふうに勘違いされることも多々ありますが、実は全く違います。

アダルトチルドレンは家族の問題なのです。そして特に、家族の構成員の中でも子ども(=アダルトチルドレンになってしまった本人)の母親が非常に重要な意味合いを持っています。

アダルトチルドレンの恐ろしい特徴

そして恐ろしいのは、アダルトチルドレンは代々「受け継がれていく」という特徴があります。

つまり、例えばある人がアダルトチルドレンだったとすると、その原因というのは上記のとおりその母親なのです。しかし、なぜ母親がわが子をアダルトチルドレンにしてしまうような良くない接し方を子どもに対してしてしまうのかというと、それはその母親も幼かった頃に母親の母親(ある人の祖母に当たる人)が良くない接し方をしたことが原因なのです。

そういった事情から、アダルトチルドレンは代々受け継がれる、というよりもまるで遺伝しているのかのように下の世代に続いて行ってしまうという恐ろしさを秘めています。

アダルトチルドレンが出来てしまう過程

さて、なぜアダルトチルドレンができてしまうのかについてここから具体的に見て見ましょう。

まず、母親が子供を産み落とします。赤ちゃんはもちろん無力です。母親の助力なくして一人で生きていくことは決してできません。そのため赤ちゃんは精神的に母親と一体化することによって母親の庇護を得て生き延びようとします。

母子一体感って何?

全て母親の意に沿うように頑張るのです。これを発達心理学の世界では「母子一体感」と呼んでいます。

しかし、ここからが問題です。この「母子一体感」、子どもが成長する過程では非常に重要です。そして、これがずっと続いてしまうとアダルトチルドレンになってしまいます。正常な成長過程には必ず「母子分離」つまり子どもが自分の石を持つことが重要です。

ですが、アダルトチルドレンを作る母は、母子分離を全力で拒否し、自分から離れようとする赤ちゃんを無視したりといった方法で恐怖感を与えるのです。それにより、赤ちゃんは「母子分離」を悪いことと感じ、アダルトチルドレンになっていくのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ