心が満たされないアダルトチルドレン!満たされることはできるの?

期待を裏切られるという経験が、自分にはとても多いと思うことがありますか。多すぎて「やっぱりな」と言ってしまったり、初めから誰も信用できないと思うことがありますか。または、人の立ち居振る舞いや何気ない言葉を、どうしようもなく羨ましく感じて、自分は同じようになれないと落ち込むことがありますか。

全く違うことのように見えるこの2つの経験は、どちらも同じところに根ざしていて、アダルトチルドレンによく見られる症状なのです。その結果、満たされない寂しい思いを感じてしまいます。どうしてそのように感じてしまうのでしょうか。回復することはできるのでしょうか?

これだけはしてもらいたい!非現実的な期待?

人を信頼できないと思う時、そこには信頼できるためにはこうでなければならない、という期待があります。アダルトチルドレンにありがちなのは、その期待が非現実的に高いということです。

人に何をしてもらいたい?

人は誰でも、家族や友達に対してある期待を持っています。たとえば、

  • 自分のした仕事や努力を認めてもらいたい
  • 自分を傷つける人や出来事から守ってもらいたい
  • 自分が寂しくないように、そばに居てもらいたい
  • 自分の興味あることについて、興味を持ってもらいたい
  • 自分にない知識や才能を持っていてもらいたい

というようなことです。

みんなそう思っているはず!何が違うの?

全部できる人が誰もいない!

これらの期待はどれも、人生のいろいろな場面で普通に誰もが持つものですが、アダルトチルドレンには、これら全てを一人の人に期待してしまうという傾向があります。そして、何かひとつでも欠けていることがわかると、大変な失望を感じ傷ついてしまうのです。

満たされなかった子供?

これらの欲求は普通、子供の時に親によって満たされ、その後成長するにつれて少しずつ、他の人々からも受け取れるようになっていくものです。アダルトチルドレンは、その最初の部分でつまづいてしまっているので、いつまでも、満たしてくれる一人の人を求めていることになります。

満たされない期待!

しかし、大人になってしまった人が、子供のようにもう一人の大人から保護されるということは、不自然なことです。また、誰かがそのような欲求を満たしてくれるという期待は、非現実的です。そのような期待は、失望に終わるしかないのです。

あなたなんかより、私の方がずっと!この痛みはどこから来るの?

私のせいだ!

アダルトチルドレンにはもう一つ、非現実的な期待があります。それは、自分に対するもので、決してかなうことのない期待です。何故ならば、本人にもそれは明確なゴールではなく、今の自分ではだめだということしかわからないからです。親があんな風だったのは自分のせいで、自分が自分でなかったならば、親は自分を保護し愛してくれたはずだと、無意識に信じているのです。

私には無理!

親の愛を十分に受けてきた人を見る時、その人にあって自分にないものを見つけてしまい、挫折を感じます。「だから」自分の親は自分を保護してくれなかったのだと、思ってしまいます。アダルトチルドレンは、人と自分を比較することによる劣等感と優越感をどちらも激しく感じますが、それはその同じ挫折感に根ざしています。

間違った足場?

その挫折感は間違った足場に立っているために感じているので、一度そこから降りて、正しい足場に立てば感じなくなります。子供の頃の苦しい経験の中でやっと見つけた、傷つかないための足場を離れることは、勇気のいることです。しかし、大丈夫です、できます。

最初のステップ!難しいの?

気づかないと始まらない!

一番大切な最初のステップは気づくことです。全く同じ失望感や裏切られたという気持ちを、いろいろな相手に対して感じたことがありますか。親に愛されている人の姿を見て、強い劣等感やまたは優越感を感じたことがありますか。そのような自分の感情に疑問を感じたことがありますか。自分の情緒について、人と違っているのではないかとよく思いますか。

あなたがアダルトチルドレンなら、たくさんの同じ経験をした先輩たちが、道標を残してくれています

迷子の子供を探し出せ!

何かおかしいのかもしれないと思ったことがあるなら、少しずつでいいので、アダルトチルドレンについての情報を集めてください。そして、自分に当てはまることがあるかどうか、調べてみてください。今まで気づかなかった自分のことが、見えてくるはずです。初めはショックを受けたり戸惑うこともありますが、本当の自分を発見することで得られる喜びは、他のどんなことよりも素晴らしいものです。

現実的な期待!居心地良くなれるの?

現実に基づいて自分を見ることができるようになると、周りとの接し方も変わっていきます。何も考えずに反射的に取っていた自分の態度が、本来の自分と相容れないと気づけば、それを変えることは難しくないのです。生まれて初めて、自分の皮膚の内側に居心地良くいられるようになります。

まとめ

アダルトチルドレンが感じる心の満たされない寂しさは、子供の時に繰り返し経験したことによって形作られた世界観に影響されています。柔軟で適応しやすい子供の心が、難しい状況を生き抜くために作り上げた世界観です。

子供の時には役立ってくれたものですが、自分も大人になり、親ではない他の大人たちといろいろな場面で人間関係を築いていく中で、うまく機能しない所が出てきます。特にプライベートな自分を見せる機会のある、親密な友達関係や恋愛関係に問題が出てきます。

本来の自分を見出し受け入れるにつれて、自分に対しても人に対しても、現実的な期待を持つことができるようになります。そして、健全で親密な友達関係、恋愛関係を築くことができるようになり、誰もに許されている人生の喜びを感じ、満たされることができるようになるのです。?

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ