優しさが自己主張?ケア・テイカータイプが勘違いする5つの事

アダルトチルドレンの特徴の中でも、最も高い頻度で見られるのが、このケア・テイカーというタイプかもしれません。そして、周囲はもちろん、本人でさえも、生きづらさや苦しさの原因がここにあるということに、なかなか気がつかなかったりします。

このケア・テイカータイプのアダルトチルドレンが、生きづらさや苦しさの原因を優しさや思いやりなどと勘違いしてしまっている5つの事を紹介します。

ダメな人がいてこそ自分の存在価値がある?

まさにケア・テイカーの名に相応しいと言えるような傾向です。ダメな人を放っておけない。この人が私を必要とする以上、罵られても、殴られても、何があっても私が支えてあげなくては。そんな風に思って自分を追い込みます。

依存症患者を作る人

このタイプの人たちは、アルコールや薬物の依存症の家族に多くみられたり、DV被害に遭いやすいなどの傾向があります。自分が支えてあげなくては、自分さえ我慢すれば、と考えがちなため、依存症患者の状態を悪化させていたり、そのような相手を選んでいたりします。

ですが、この人たちの良かれと思って相手に対して「やってあげる」事に多くの問題が潜んでいる事があります。

勘違いを増強させる

自分が欲しかった無償の愛を求めるが余りに、相手に対して無償の愛を与えているつもりになっています。しかし、その行為は依存症患者にとっては単なる尻拭いの行為でしかなく、そのような存在がある事は依存症を増悪させていきます。

相手の状況がひどくなればなるほど、自分の存在価値が上がったと勘違いし続け、破滅の道へと進んでしまう危険が高く、いわゆる共依存の関係に最も陥りやすい人たちだと言えます。

お節介が止まらない!みんなのお母さん?

何かしら人の世話を焼くのが大好きなのですが、ただ大好きなだけではなく、相手が年上であろうが年下であろうが、お節介なお母さんのように度を過ぎた世話焼きぶりが際立って目立つでしょう。

頼られるのが好きなふり

誰かの世話を焼く事で自分が一人にならない。自分を頼ってくれる人がいる事で孤独を感じない。そうでない自分には誰も見向きもしない。そういう考え方が深く刻み込まれています。そのため何かにつけて誰かの世話を焼こうという目線で周囲を見ています。

そして自分の手助けが必要なタイミングで手を差し伸べるので、よく気が利く人、心配りが上手な人だと評価されます。手助けした相手が共依存体質の人であれば、その後もずっと何かと頼りにされ、気が利いて頼り甲斐があって、なくてはならない存在になれるでしょう。

ですが、心のどこかでは頼りにされたり、気が利く自分を求められる事から解放されたい。でも、解放されたら孤独になってしまう。というせめぎ合いがいつも起きているのです。

本当は好きじゃない?

では、本当のところ人のお世話をするのが好きでやっている事なのでしょうか?もしも、そこに見返りを求める心がないのであれば本当のお世話好きという事かもしれません。自分の気持ちを満たすために、自分が誰かを助けられる事が幸せだから。それだけであれば、という事です。

しかし、恩を売っておいて、イザという時や逆の立場になった時に恩を返してもらおう。お互い様、持ちつ持たれつという感覚であれば危険です。相手が必ずしも見返りとして売った恩を返してくれるとは限りません。結局、期待通りの結果が得られず落ち込んでしまう事にもなるでしょう。

頼られなくなったら自分は無価値な人間?

人間頼られている間が花。とばかりに揉め事や厄介な事を自分から背負い込みがちです。無意識の内に不必要な心の負担を求めてしまうため、勝手に悩み事を探してきては勝手に背負い込んで身動きが取れなくなってしまう事もあります。

悩み事は自分から探す

お節介の域を越えて、悩み事や困り事を探して自分から背負い込むという厄介な癖を持っている人を多く見かけます。誰かからチョットでも悩み事を打ち明けられたら、これは自分が解決すべき問題。とすぐに背負い込みます。

そうやって、知らず知らずのうちに、悩み事を持っていそうな人にばかり接近しているという事実に気づけません。そして、やがて人の悩みなのか自分の悩みなのか?それすら識別ができないくらいにまで膨れ上がっていくのです。

悩み事がないと不安

自分のために自分を充実させてあげる事が苦手なために、誰かから悩み事を打ち明けられたり、持ちかけられたりする事で自分を満たしていた日々が充実した毎日だと思い込んでいるので、他人の悩みから解放されてしまうと、もぬけの殻になったような気分になります。

その状態は、とても自由で自分のために全ての時間や物事を注ぎこめるチャンスなのですが、そういう風には考えられず、自分は無価値な人間になってしまった。と自暴自棄になってしまったり、再び他人の問題を背負い込みにいくのです。

気がつかずに職業にしてしまったら?

誰かのために頑張りたい。誰かの役に立ちたい。などのフレーズが特徴の医療職、特に看護師や福祉職の人たちには、このタイプの人が多い傾向があります。そして、ほどほどの支援ができないために、燃え尽きてしまうのです。

自分が頑張れば良くなる

仕事一筋の看護師や介護士は、自分の食べる時間、寝る時間を削ってでも患者さんや利用者さんの手助けをしようと奮闘します。自分をすり減らしながら頑張る事が仕事だと思い込んでいるのと同時に、自分が抱えている問題に目を向けないためでもあります。

誰かのために自分さえ我慢して頑張れば、状況や環境は、きっと良くなる。そう信じて幼少時から生き抜いてきた人であれば尚更です。自分を犠牲にする事が他の人の幸福につながると思い込んでしまっているのです。

頑張っても無理な事を知る

アダルトチルドレン全般に言える事ですが、絶対的なもの、永遠に変わらない事などを求めてしまいがちです。ですから、病気の人、高齢の人に限界がある事を認めたくありません。病気を治す事、長生きさせる事、それらが自分の使命だと思ってしまいがちです。

ですから、抗えない人間の死に遭遇してしまうと、途端に自分の無力を痛感してしまいます。もしかしたら、自分の頑張りや努力が足りなかったのだろうか?もっと頑張っていれば、死なせずに済んだのではなかろうか?など抗えない事にさえも抗おうとして燃え尽きてしまいます。

人間には絶対、完全、完璧、そんな事は求められませんし、そもそも無理な事なのです。手放すタイミングを覚えなくては、永遠に生きづらい生き方を繰り返す事になります。

ある日突然生きがいは生きづらさに!

自分以外の誰かや何かに生きがいを感じながら生きていく人生は、必ずいつかどこかで生きづらさという壁にぶつかるでしょう。その生きづらさに気づいた時が、人生の転機になるチャンスでもあります。

その人生は本当にリア充?

一見、誰もが羨むような充実した生活を送る事がステータスだとすれば、その時点で自分のための充実ではないという事になります。つまり、その充実は、自分以外の誰かが羨ましいと思うという他人目線での充実なのです。

本当は楽がしたいと思っていても、夫が妻の願いを叶えて、子どもの機嫌をとって、友人たちと集まって…自分が知らない誰かが「いいね」と言ってくれるのを生きがいに無理をして生きている状態では、本当の意味での充実した状態とは言えません。

リア充という幻想が崩れる時

そうやって無理に無理を重ねて、ある日ふと「自分は一体何をやっているんだろう?」と虚しい気持ちになる瞬間があるかもしれません。そんな瞬間を打ち消して元の感覚に戻るのではなく、その瞬間が生きづらさに気づいた時だと大切にすべきです。

一見、充実している生活を送っていそうな人が本当は無理をしていたり、心のどこかでは感じている生きづらさにぶつかる時の例を挙げてみます。

    <生きづらさに気づく5つの瞬間>

  • みんなで楽しいホームパーティをして後、一人で片付けを黙々としている瞬間
  • 「あなたがいると助かる」と言われ、利用されているだけの存在かもと疑った瞬間
  • 職場で自分はなくてはならない存在と思っていたが、休んでも何の支障もないと知った瞬間
  • 自分は友人だと思っているが、果たして相手が自分を友人だと思っているか自信がないと感じた瞬間
  • 毎日の生活を充実させなくては、と言い聞かせている自分に気がついた瞬間

まとめ

ケア・テイカータイプのアダルトチルドレンは、とにかく親切で優しく無償の愛情を注いでいると見られがちです。しかし、本当のところでは、相手にも同じ事をして欲しいという願いがどこかに隠れています。

同時に誰かに夢中になっている事で自分自身が抱えている問題に目を向けないための自分自身への言い訳に使っている部分もあります。しかし、それは自分の可能な範囲を超え、最終的には苦痛でしかなくなります。

日常の中でふとした生きづらさを感じた瞬間を見逃さず、自分自身の問題と向き合い、本来の自分自身の充実を取り戻す方向にエネルギーを注ぐ習慣を身につけていくことで、本当の充実と幸せが訪れるでしょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ