普通の親に普通に育てられてもアダルトチルドレンになるの? 女性 37歳 Y.S.さん

アダルトチルドレンになる原因として、その親がアルコール中毒症だったり、異性関係にだらしがなかったり、身体的虐待を与える人間だったり、ネグレクトだったり、と言った「悪い親」のイメージが強いかもしれません。

しかし、実際は「悪い親」に育てられなくても、「優しい親」「熱心な親」に育てられてもアダルトチルドレンになってしまう可能性はあると思います。

私の母親は優しかった

私の両親はごく普通の両親です。普通に育てられました。

私は二人目の子供で特に甘えただったので優しく育てられた方だと思います。ですが、私の母親は私にほとんど関心が無かったと思います。母親は子供の頃、地方の山奥で育ち、狭い世界、少ない情報の中で大人になりました。

そして大人になってから関西へと出て来たのです。そして結婚してたまたま出会った仕事に目覚めてしまい、その世界にどんどんのめり込んで行きました。水を得た魚のようだったのでしょう。

それまで目覚める対象も無ければ、頑張る対象も無かったのに、目の前に「これだ!」と思うものが突如光を放ちて現れたのだと思います。普通に真面目に育ててくれましたが、ずっと「私の方をもっと見て欲しい」「もっと私の事を考えて欲しい」と思っていた事を覚えています。

社会に飛び出す前に

優しく真面目に育てられ、自分で言うのもなんですが、私は普通にまあまあ優秀な子供に育ったと思います。

でも、いざ大学を卒業して社会に出るとなった時点で怖くなりました。凄く怖かったです。社会人になる事にそこまで恐怖を抱いている友達は周りに一人もいませんでした。みんなが普通に就職活動をし、普通に内定を貰って喜んでいる姿に全くついていけませんでした。社会に出る時点になってやっと、自分の土台が脆弱な事に気が付いたのだと思います。時々私と同じ境遇の人に出会ってきました。

高校が同じだった友達も、とても優秀な子で、大手の会社に内定が決まり、華やかに就職していった子がいました。でも、その子も就職して数年で会社に行けなくなり、今も家にいるようです。その子のお母さんも知っていますが、とても教育熱心で子供に真摯に向き合ってきたようなお母さんです。

でも、その子の話しからも、見た雰囲気からも、そのお母さんには、子供そのものを受け入れようという広さが全く感じられませんでした。「こうあるべきというレールを子供に常に強いてきたのではないか?」と思います。他にも同じようなタイプの人を何人か知っています。

普通の親に普通に育てられても、社会に出た時にふとうずくまってしまう人。「あなたはあなたでいいのよ」という強い土台を作って貰えなかったのではないでしょうか?

私が強くなれたきっかけ

社会人になり、「自分は人と違っている」「人並みに生きていけない」ととても怖かったのですが、最近ようやく強くなれてきた気がします。それは私が母親になったからです。

社会が怖いと思っているような脆弱な人間には、最初の内は、母親業も想像以上に大変でした。でも、子供と一緒に泣いたり怒ったり、そして笑ったりと毎日を必死に育児していく内に、自然と自分で土台を強くしていったのだと思います。子供時代を塗り替える事は決して出来ませんが、自分の土台を強くする事は、何らかの形で可能かもしれません。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ