親切という名の毒母のアドバイス、兄に壁になってもらいました 女性 41歳 E.T.さん

アルコール依存症の夫婦の子供でした。一見中流家庭の普通の家には見えたと思いますが、中身はひどいものでした。

現在は物理的に離れて暮らしていますが、未だに当時の地獄絵図が頭をよぎり、私の中のインナーチャイルドが悲鳴を上げる毎日です。

始まりは父の崩壊、そして次に母が壊れる

父は、家庭に興味のない人でした。

母は、私たち兄弟を必死に育ててくれた愛情深い人ですが、それゆえに自分の思い通りにいかないと半狂乱になる人でした。始まりは、一人っ子であった父を溺愛していた祖母が急死したこと。

父はいまだに自分の家族は今は亡き祖父と祖母だといいます。その悲しみは小さな私が想像に絶する程だったでしょう、酒におぼれ外に女性を作り、欠勤を繰り返し、たまに帰ってきては酔って暴れ、ひどいものでした。

母は、大変だったでしょう。ろくでなしと化した夫を持ち、一人での子育て。でも、子供の為と言って絶対に離婚とは言いださない人でした。でも、それが子供を苦しめる結果になるとは、今も昔も母はわかっていないでしょう。

母のストレスの矛先は子供でした。些細なことで怒り狂って怒鳴りつけ、鼻血が出るほど殴られました。でも、逃げる術はありませんでした。

次に兄が壊れ、末っ子の私が家庭を守ろうと必死に

兄が高学年になり、徐々に壊れ始めました。不登校になり、益々怒り狂う母、そして兄のそのストレスは私に向かうようになりました。些細なことで包丁を突き付けられ、金属バットで殴られ、本当に地獄でした。

父のリストラ直前、両親の殺し合い、母の自殺未遂、まともな社会生活を送っているのは私のみ。といっても普通に小学校中学年が普通に学校行ってただけですが。でも、私がこの崩壊を止めないと、必死でした。

なんでも思い通りにしたい母

母は、基本自分が一番正しいと思って疑わない人です。娘の私に対しては特にそうで、付き合う友人関係なども細かく口を出されました。

母がこの子とお友達になりなさい、というのは親が医者や弁護士の人ばかり。私が魚屋さんの子と仲良くなると、眉を顰めるような人でした。ひどい時は、友人になった片親家庭の子の家に乗り込み、お付き合いをお断りをします、と私の知らないところで宣言しに行ったこともありました。

そのほか、行く学校、趣味、将来の夢、何でもかんでも自分の思い通りにしようとし、口を出してきました。今から思うと、家庭の中で唯一まともに生活している私に望みを託していたのかもしれません。でも、私にとっては不快でしかありませんでした。

大人になって、物理的に離れることで母を客観的に見れるように

高校を卒業し、逃げるように県外に進学しました。そして、母のことやわが家族のこと、すべて客観的に見えるようになりました。

びっくりしたのは、離れて暮らしているのに母や家族みんな、ちっとも恋しくないのです。むしろ離れて暮らしてせいせいしていたくらいです。母が時々父や兄の悪口を言いに電話をかけてきましたが、聞くだけなので適当に流して、今思うと一番いい時期でした。

自分が母になり、当時の母が理解できず、今更アドバイスと口を出す母に病む毎日

東京で出会った男性と結婚し、妊娠をし、その男性の故郷に帰って生活することが決まりました。母はそれ以降、狂ったように私にアドバイスという名目で私のやり方に口を出すようになってきました。

子供のしつけ方、〇〇家の嫁としての立ち振る舞い方、妻として夫の持ち上げ方…。妻と嫁としての事は、すべて自分自信ができなかった事のくせにした方がいいとごり押ししてきます。

挙句、婚家の方に電話してある事ないこと吹きこんで周りを困惑させます。親としての子供のしつけアドバイスは、自分がまさにしてきた事。そう、私がされて嫌で嫌でたまらなかった事ばかりです。

未だに、それがいい事で子供のためだと信じて疑わず、私がその事に今も苦しんでいるのに気づきもしない。何度もやめてと言っても、電話をかけてくることをやめない、婚家に電話することもやめない。

高校を卒業して以来封印できていたインナーチャイルドが再び目を覚まし、あの時のこと、この時のこと、と芋づる式に思い出されて、心が悲鳴をあげ、自分の子供の前でもわーわー大声をあげて泣いてしまう毎日です。

兄に相談、当たり障りのない関係を続けることに

何かのきっかけで、兄と話をする機会を得ました。母の行動が、昔のことを思い出させてつらい、婚家にも迷惑をかけて私の立場がない、泣きながらも真剣に話をしました。兄は自分ほどは母に対して恨みが残っているわけではないようで、不登校の自分を支えてくれた、とむしろ感謝の気持ちをもっているそうなので驚きました。

兄は私の気持ちを完全には理解できないようですが、とりあえず母に、私に対するアドバイスの電話や婚家に色々電話するのはやめるように、と話をしてくれたみたいです。それ以来、母とはなんとなく表面上の付き合いを続けています。

私も大人なので、苦手な相手も当たり障りのない関係を続けてはいけます。私にとって、母は会社の厄介な上司と同レベルの人間になってしまいました。兄と話をした時に言われたことがあります。

「親に親孝行できる時間はもうそんなに残ってないぞ」と。そんなことを思える私に、いつかなるんでしょうか。インナーチャイルドが成長するときは来るんでしょうか。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ