アダルトチルドレンは家庭環境が作り上げる?悪影響を及ぼす行為とは!

近年、テレビでも取り上げられるようになったアダルトチルドレン。アダルトチルドレンになる原因として、子供時代の家庭環境が上げられます。子供時代にのびのびと子供らしく育つことができなかったことにより、大人になっても傷ついた心を持つアダルトチルドレンになります。

どんな家庭環境がアダルトチルドレンを作るのでしょうか。それではアダルトチルドレンを形成する家庭環境を順を追ってみていきましょう。

虐待がアダルトチルドレンを作る!機能不全家庭とは?

機能不全家庭がすべてもの原因!

アダルトチルドレンを作り出す家庭環境とは、機能不全家庭である家庭環境といえます。機能不全家庭とは、その名が示す通り家庭としての機能が失われている家庭です。身体的な虐待のほか、心理的な虐待やネグレクト、過干渉などにより、子供が子供らしくふるまえない家庭です。

子供時代に子供らしく、のびのびとふるまえなかったことが心の傷になります。その後、大人になっても心の傷が邪魔をして、社会に対して不適合を起こすアダルトチルドレンになるのです。

一番外部からわかりやすいのは?暴力をふるう身体的な虐待!

肉体を傷つける暴力!

多くの人が虐待という言葉から真っ先に連想するのは身体的な虐待です。身体の殴ったり、蹴ったり、物でたたく、手足を縛るなど、肉体に危害を加える虐待です。身体的な虐待は家庭外の人間からもわかりやすく、体についた傷やあざから近所の住人や学校の先生、医師などが児童相談所に通報することもあります。

暴力により肉体に傷を負った経験は、傷が治っても心の傷として残ります。また、傷跡を見られることで再度心に傷を負うこともあります。

心理的な虐待とは?言葉や態度の暴力!

心を傷つける暴力!

身体的な虐待と違い、外部の人間が目で見てわからないのが心理的な虐待です。心理的な虐待では子供の心を傷つけ、自尊心が育つのを妨ぎます。

子供は、大人から無条件に与えられる愛情を受け取ることにより、自尊心を育てます。それに対して「生まなければよかった」「他の兄弟より劣っている」「殺してやる」など、子供の存在を否定することによって、子供は「自分は必要のない存在なんだ」と自分自身の価値を感じなくなります。

育児放棄(ネグレクト)とは?養育者の責任放棄!

保護者には養育義務がある!

育児放棄、または育児怠慢とも呼ばれるネグレクトは、保護者が養育義務を果たさない虐待です。ネグレクトの例として、以下のものがあります。

  • 十分な食事を与えない
  • 風呂(シャワー)に入れない
  • 幼い子供を残して外出する
  • 子供の排泄物を片づけない
  • 学校へ行かせない
  • 病気になっても病院へ連れて行かない

意図しないネグレクトもあるの?

ネグレクトは必ずしも保護者が意図して起こるものだけではありません。例えばネグレクトが起こるケースとして、保護者に経済力が欠如していたり、無知であったり、病気で子供の世話をすることができないといったことも挙げられます。

子供を虐待する意思がなかったとしてもネグレクトは起こり得ますので、保護者だけでなくその周囲の人間の配慮が大切であると言えます。このようなネグレクトは「消極的ネグレクト」と呼ばれ、意図的にネグレクトを起こす「積極的ネグレクト」とは区別されます。

過干渉は虐待なの?愛情のつもりが悪影響!

過保護との違いは?

過保護と過干渉には明確な違いがあります。過保護は親が子供を甘やかし、過度に子供に手助けをすることに対し、過干渉は親が子供の人生を決める行為です。過干渉の例として以下のことが挙げられます。

  • 子供が嫌いな習い事に通うよう強要する
  • 子供の遊ぶ内容を一方的に決める
  • 子供の遊ぶ友達を決める
  • 子供のスケジュールを細かく決める
  • 子供の主張を無視して悪いと決めつける
  • 子供が望まないことを押し付ける
  • 子供の進路を決める

過干渉は心を支配する!

過干渉の親は子供の自主性を無視して自分の思うとおりに子供を動かそうとします。子供が自分に従わないと激しく批判し、子供の意見を聞き入れようとしません。親の言うことを聞いていたらいい子、言うことを聞かなければ悪い子だと子供の心に植え付け、恐怖で心を支配します。

過干渉の親の特徴は、目の前の行為のみを見て、子供の心に無頓着であるということです。「将来のため」「世間体のため」ということばかりに目がいってしまい、「今、子供がどう思っていて、何をしたいか」ということが見えていません。過干渉は子供の心を傷つける、心理的な虐待です。

まとめ

アダルトチルドレンの人々は、生まれながらにしてアダルトチルドレンではありません。子供時代の家庭環境がアダルトチルドレンを作り上げるのです。

アダルトチルドレンであるということは過酷な子供時代を生き抜いてきた証でもあります。自分をいたわり、誇りを持ってください。「おつかれさま」と子供時代の自分に語り掛けることで、傷ついた心を癒すことができますよ。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ