いつもトラブルメーカーになっている?反社会性パーソナリティ障害かも!

人それぞれ色んな考え方や性格があるのは普通の事ですが、その行動が常に周りの人に不快感を与えたり、迷惑になったり時には犯罪行為にまで進む人がいます。

子供の頃から、皆と同じ事が出来ないとかいつも問題のもとになっていたという人でその事が大人になっても続いているのなら、それは反社会性パーソナリティ障害の可能性があります。

反社会性パーソナリティ障害とは、精神疾患のひとつになります。今回は、この反社会性パーソナリティ障害について調べました。

反社会性パーソナリティ障害とは?ルール違反!

反社会性パーソナリティ障害の方は、ルールを守る事がとても苦手です。社会的な常識を軽視して法律を無視する事も出来るのです。

人間関係では、相手の感情を考える事なく無視して自分の感情の赴くままに動くところがあります。嘘をついたり、アルコール依存や薬物依存、犯罪などの問題を起しやすいのです。

普通の人が社会生活をしていく上で、言われなくても守れるルールやモラルの存在等は反社会性パーソナリティ障害の方には無いのです。

その症状とは?

反社会性パーソナリティ障害の方は、子供の頃から問題行動がだれが見ても分かる状態にあります。成人してからの症状で代表的なものに、次の物があります。

  • すぐに怒る
  • 自分の欲望の為、周りの人を動かす
  • 簡単に嘘をつく
  • 攻撃的になりやすい
  • 自分のした事を後悔する事はない

その原因とは?

幼少期に親から充分な愛情で育ててもらう事が出来なかったり、周りから冷たくされたりした事があるなど、幼少期の環境で問題が引き起こされる事があります。

病院ではどんな事で判るの?診断基準があります!

社会性パーソナリティ障害は、社会のルールを守れず他人の権利を無視して侵害等する事を悪い事だと思わないという障害の事です。

病院での診断は、18歳以上になっている事と15歳になる前までに社会生活をする中で規則を守らない事や、人や生き物を傷つける事などを繰り返して行い今も続けている事が条件にあります。

病院では、精神科の医師によって繰り返し診察をして、その中で反社会性パーソナリティ障害の診断基準を参考にして診断されます。

診断については?

反社会性パーソナリティ障害の診断は、DSM-5での診断基準を基にして。年齢が18歳以上の患者さんに、過去から今に至るまでの行動について確認をしてから条件が満たされている事などを合わせて医師の判断で診断をされます。

治療すれば治るの?ご本人の気持ち次第です!

反社会性パーソナリティ障害の人には、社会のルールを守れなくて、いつも犯罪行為などの問題ある行動を起しやすく自分の行動が悪い事だと考えていないという特徴にあります。

これは幼少期の育児放棄や、育った環境の中で人として扱ってもらえなかった事から来ているものが大きな原因になっている事が大きいのです。

ですから、自分から病院を受診することは少ないです。何かのトラブルを起こした事で、受診するというケースが多いです。大事な事はご本人が治したいという気持ちに比例して、可能性は高くなります。

治療法方とは?

治療方法としては、精神科やカウンセリングでの認知行動療法を行なう事で認知の偏りを正していく方法での高い効果が期待出来ます。

対人関係のトラブルばかりで大丈夫?良い所もある!

反社会性パーソナリティ障害の人はどうしても、悪いところばかりが目に付いてしまいがちですがだれにでも良い所が有るように良い所はあります。

ただ周りに迷惑をかける事が目立つので、なかなか気づきにくいのです。ですから、そんな良い所について少し紹介します。治療での効果を得る事が出来た後には、是非とも良い所を活かして欲しいです。

良い所とは?

悪いところが目立ちやすいのですが、逆に考えるとその中にも良い所になる事があります。全てではありませんが、目立つところを挙げました。

  • 危険な事も恐れずに挑む
  • 経済的困窮や、社会的困難の中でも負けずに行動できる
  • 話上手である、人を楽しませて相手を納得させる

どのように接したら良いの?敵でも味方でもなく!

反社会性パーソナリティ障害の人はどうしても、周りの人に迷惑をかける事の方が多くあり、時には犯罪行為にまで進む事もあります。

そんな事が分からない始めは、優しくとても魅力あるように見せて相手を惹きつけます。相手が自分の思い通りにならないと暴力で動かそうとします。

ですから、あまり親密にならずに相手と同じ立場を守り反発をしないで敵ではないけど利用されないようにしっかりとした態度を見せましょう。

距離をおいて!

反社会性パーソナリティ障害の人は、自分の為に人を利用するところがあるのでそうならない為には、親しくなりすぎないように距離をおきましょう。

覚悟してくださいね!

反社会性パーソナリティ障害の人は、簡単に人を裏切ります。親しくなりすぎないようにする事が出来ないのなら、その事を覚悟して下さい。

危険を感じたら逃げましょう!

もし、犯罪行為などに引きずり込まれそうな時にはすぐに逃げてください。口上手に騙されて、知らないうちに犯罪の身代わりにされる可能性もあります。

まとめ

人とのお付き合いは、とても難しいです。親しくなってから本性を表す事の方が、多くあります。出来る事なら、あまりお付き合いしたくない対象になります。

それが出来ない時には、全てを受け入れる事が出来るか考えてから、時間をかけて相手が変われるようにして良い方向に持っていける様に下さい。

反社会性パーソナリティ障害の接し方としてベストな事は自分達だけで対応しない事です。ご家族でも友人の方でも、話を聞いてからご本人が今困っている事は病院へ行く事で良い方向へ繋げる事が出来ると説明をして受診を勧めて下さい。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ