アダルトチルドレンと「いじめ」の関係

アルコール依存症の父母のいる家庭や、何らかの機能不全を伴う家庭で育った子どもに現れる症状である「アダルトチルドレン」ですが、いわゆる「いじめ」と切っても切れない関係にあります。

家庭内でのいじめ

子供にとって「世界」そのものである家庭の中に、アルコール依存症で暴言・暴動を振るう親が居るとします。言葉や体罰によるいじめを受けて、無力な子供は何ひとつ反撃もできず、なすがままに虐待されることになります。

親がアルコール依存症でなくとも、同じように家庭内で虐待を受けたり、何もないところから1つ1つ学びを経て成長していく子供にとって、大切な何かが失われている状態で育てられることは、家庭育成におけるいじめに他なりません。そのような環境で抑制され、逃げることもできず育てられた子供は、やがてその世界での特殊な生き方を身につけてしまいます。

自分を抑えてひたすら絶対服従するケース、心の中での逃げ道を作り出し現実逃避するケース、抑圧された衝動を他の世界・他のモノに向けるケースなど、様々です。

子供にとっての対処方法は様々ですが、その被害者は、伸び伸びとした子供らしい自己主張ができないことが多いそうです。これら家庭内での直接的・間接的ないじめにより、アダルトチルドレンが生み出されると言えます。

成長過程でのいじめ

アダルトチルドレンの特徴に、他人に対する警戒心が強く、情緒不安定で急に怒ったり黙りこんだりするところがあります。この特徴から、自分ではない他人の共同体、学校などの社会に適合できず、周囲から異質扱いされたりします。

それそのものが、本人にとって「いじめ」にあたります。このいじめに遭うことにより、よりいっそう、自分が悪い、自分はダメだと思い込み、症状が加速してしまいます。

症状が深まるにつれ、強調性や多数決が重んじられる日本の教育社会では、欲望に素直な子供たちのいじめの対象になりやすくなります。その因果関係の無限ループが形成されていく段階と言えます。

成長後のいじめ

子供の頃に形成されたアダルトチルドレンの種は、その子が大人に成長しても、職場などの社会で再びいじめにあう危険性へと発展させます。

仕事は複数人のチームプレーで行うことがほとんどですので、他人を信用しない、情緒不安定で和を乱してしまうアダルトチルドレンは、周囲の理解がなければやがて孤立へと向かいやすいのです。

子供の社会におけるいじめとはまた異なる、社会的孤立・阻害といったいじめに遭ってしまいやすいと言えます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

One Response to “アダルトチルドレンと「いじめ」の関係”

  1. イマイ より:

    オドオドして、いじめられやすい。
    逆にヤンキーになって、いじめる子も多い。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ