私の両親は毒親だった!アダルトチルドレンと自覚して現在に至るまで 女性 31歳 M.H.さん

私はこれまで、恵まれてる家庭で育ってきたと信じ込んで生きてきました。

ですが、社会人になってから職場でのストレスに上手く対処出来ず、人間関係で行き詰まる等、不適応の状態が起こるようになり、うつ病の診断を受けました。

それから、自分の症状を改善させようとセラピーを受けたり、色々な文献を読み漁ったところ、2年前に自分がアダルトチルドレンであるという事がわかりました。

心理的虐待を受けてた子ども時代…甘えたかった私

私は、公務員の父親と専業主婦の母親の長女として産まれました。すぐ弟も生まれたのですが、喘息持ちで体調を頻繁に崩す事が多かったのもあり、母親は弟に付きっきりになる事が増えていきました。

私もまだまだ甘えたい盛りであったにも関わらず「お姉ちゃんでしょ。わがまま言わないで」「今疲れてるからあっち行きなさい」等と言われ、あまり母に甘えさせて貰えませんでした。

父親は、仕事に疲れて家でゴロゴロしていたり、子どもと関わるのは母に任せている人でした。寂しいから甘えたい、遊びたいとベタベタとスキンシップとろうとすると、迷惑そうな顔をするので「嫌われたくない」と感じて近寄り難かったです。

両親に愛されたい、認めてほしい欲求は常にあったので、良き姉である事、わがままを言わない良い子でいようと勉強でも嫌な事でも自分なりに率先するようになりました。

両親の不仲や嫁姑問題!母をケアしようと頑張る私

小学校低学年の頃に、私達子どもの目の前で夫婦喧嘩(口争い)を何度も目撃する事が多くなりました。

それだけでも辛かったのですが、1番ショックだったのは母に「お父さんとお母さんどっちが好き?」と尋ねられた事でした。当時の私は、その言葉で胸が張り裂けるような思いを味わいます。

「お父さんとお母さんには別れてほしくない」「これからどうなるんだろう?家族バラバラになるなんて嫌だよ」と複雑な気持ちでいっぱいになりとにかく怖かったです。学校で嫌な事があって、休みたい日は何度かありました。

しかし、両親を困らせるような事はどうしても避けたかったので、相談出来ずに自分でどうにかしようと抱え込んで頭を悩ませました。また、母と祖母の諍いも度々起きて、母は私に頻繁に愚痴を垂れ流すようになりました。

父と祖母の愚痴、それにプラスして自身の身体の不調についても色々私に相談してくるのです。私は、母が頼ってきてくれる事で、自分の存在価値を見い出すようになりました。

それと同時に、父や祖母に対する恨みは日に日に募っていき、母の負の感情が憑依しているとは知らずにいました。

アダルトチルドレンだと自覚してからの私の心境の変化

初めて、アダルトチルドレンという概念を知り、私が育ってきた家庭環境や親に対する見方が大きく変わりました。

私がうつ病になった事や、自己肯定感が低い事、親のすねをかじって人の役にたててない自分等を責める傾向にあるのは、全部自分が悪い、自分の責任だと思っていましたが、それは違っていました。

不安定な家庭環境のなかで、子どもとして生きる事を認めて貰えず、十分に甘えさせてもらえず過度に適応しようと振る舞ってきた事で、大人になってから息切れして不適応を起こしてしまいました。

また、家族が互いに愚痴を言う姿を見て、人に対する不信が根づき親密な関係を結べないでいる事等など、人間関係で物凄くストレスを抱えるようになった原因は家族にあったのだと気づかされました。

私が生きづらさに苦しんでいるのは、親の責任が果たされていないからです。それが分かり、両親(特に母親)に対する腹立たしさでいっぱいになりました。

これからは私が私の親になり育て直しをしていこう

親に対する恨み辛みはなかなか収まらず、学生時代にはあまり見られなかった反抗期に入りました。すごく怖かったのですが、思い切って親にしてもらいたかった事、許せなかった事をありのまま伝えてみました。

それに対し親は、言葉では謝りの言葉を述べましたが、どのくらい理解をしてくれたかは未だによくわかりません。親と何度かぶつかっている内に、だんだん諦めに近い感情が芽生えました。

「これまでの事を悔やんで親を責めるだけじゃだめだ」と考えるようになり、今年の4月からカウンセリングを受け始めています。過去の置き去りにしてきた自分の思いをくみ取り、トラウマを手放していけるようサポートしてもらっています。

また、アダルトチルドレンや共依存、トラウマ、毒親関連の本をいくつか読むようになりました。中でも、信田さよ子氏の著書を多く読んでいます。あと、自分の思考癖に偏りがある事がわかったので、認知行動療法を自分なりに取り組み始めています。

しかし、自分だけでは限界という事を思い知らされ、スマホ等で利用出来るU2plusというコンテンツを使い始めています。親とは今でも一緒に暮らしていますが、少しずつ家族との関わり方を見直していき、他者中心ではなく自分中心にこれから生きていこうと決めました。

どんな自分でもいいんだよと、私が私の親になってありのままの私を受け入れていきます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ